戻る法学研究科

教育研究上の目的

法学研究科は、多様化する法学の諸分野を対象に専門的学術を研究し教授することによって、研究者、高度専門職業人及び高度の法的教養を身につけて広く諸国で活躍する人材を育成することを目的とする。

学位授与方針(ディプロマポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)、学生の受入方針(アドミッションポリシー)の3つを掲載しています。

これまでの博士学位授与者を一覧で掲載しています。

「法学研究論集」への投稿に関して案内しています。

研究科基本情報

研究科名称 法学研究科
専攻 法律学専攻
課程 博士前期課程
博士後期課程
学位 修士(法学)Master of Law
博士(法学)Doctor of Law
キャンパス 亜細亜大学武蔵野キャンパス
開講形態 昼間開講
収容定員 博士前期課程 30名
博士後期課程 15名
修了要件

<博士前期課程>

2年以上在学し、32単位以上の科目を修得し、修士論文の審査及び試験に合格すること。

また、指導教授が認めた場合に限り、修士論文に代えて、「特定の課題についての研究の成果」を提出することができる(ただし、この場合は、本学大学院法学研究科の博士後期課程への進学は認められない)。

<博士後期課程>

3年以上在学し、12単位以上の科目を修得し、博士論文の審査及び試験に合格すること。

ただし、法科大学院を修了して入学した者は、2年以上在学し、8単位以上の科目を修得し、博士論文の審査及び試験に合格することとする。

進路

(平成28年度)  

<博士前期課程>

修了生数 5(0)

  • 就職者数 4(0)
  • その他(帰国等) 1(0)

※()内は在留資格が「留学」の者を指す

〈2017年4月1日更新〉