戻る研究生制度 大学卒対象

概要

大学卒業者対象の研究生は、指導教員から特定の課題についての研究指導を受けるとともに、研究に必要な講義科目(研究分野にかかわる研究科及び学部の講義科目)の聴講(合計週10時間以上)を認める制度です。正規の学生の研究を妨げない範囲内で選考のうえ、その研究能力を考査し、当該研究科委員会の議を経て決定します。

なお、研究生として科目を受講しても、単位を修得することはできません。

 

募集要項は、下記から参照できます。ただし、出願の際は「資料請求」の方法に従って、募集要項一式を取り寄せてください。
※平成30(2018)年度入学の募集要項は6月頃公開予定です。

出願資格

下記のいずれかに該当する者。

 

  1. 学校教育法に定める大学を卒業した者又は卒業見込の者
  2. 大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者又は学士の学位を授与される見込の者
  3. 外国の学校教育で16年課程を修了した者又は修了見込の者
  4. 文部科学大臣が指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
  5. 文部科学大臣が別に指定した修業年限4年以上の専修学校で高度専門士の学位を授与された者又は高度専門士の学位を授与される見込の者
  6. 当該研究科委員会において、個別の出願資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者

注意事項

6.に該当する者は、出願前に『出願資格審査』を確認すること。

選考方法

書類審査及び面接試問

選考日程

出願期間

平成30(2018)年2月19日(月)~2月23日(金)

試験日

平成30(2018)年3月7日(水)

合格発表

平成30(2018)年3月12日(月)※合否通知発送

手続期間

平成30(2017)年3月16日(金)~3月22日(木)

選考料

10,000円

学校納入金

414,000円 ※平成29年度実績

(内訳:指導料 310,000円、施設設備料 100,000円、学生健康保険組合費 4,000円)

〈2017年4月1日更新〉