亜大スポーツ亜大スポーツ

東都大学野球春季リーグ 本学より5選手が表彰

本日、東都大学野球春季リーグ戦が全日程を終了し、閉会式が行われました。閉会式では、以下の選手が表彰を受けました。

▽最高殊勲選手 山田義貴君(経営4)
▽最優秀投手 中村稔弥君(経営2)

▽ベストナイン
投手:中村稔弥君(初)
捕手:宗接唯人君(初)

遊撃手:小山倭誠君(初)
指名打者:法兼駿君(初・二塁手で1回)

東都大学野球春季リーグ優勝 ― 2季連続25回目

本日、優勝をかけて日本大との2回戦が行われ、7対1で本学が勝利し、昨年秋季につづく2季連続25度目のリーグ優勝を果
たしました。2連敗からの8連勝で勝ち点4とし、同じ勝ち点の國學院大に勝率で上回りました。

1回表に日本大に1点を先制されるも2回裏、5番宗接唯人君(経営4)がセンターへのヒットで出塁し、6番宮崎一斗君(経済4)が犠打で送り、1死2塁とすると、7番正隨優弥君(経営2)のセンターへのタイムリー2ベースヒットで同点とします。

続く3回裏、9番石川拓弥君(経営2)が四球、1番法兼駿君(経営4)がレフトへのヒット出塁、2番小山倭誠君(経営2)が犠打で送り、1死2,3塁とすると、3番北村拓己君(経営3)のショートゴロの間に1点を追加し逆転。4番水本弦君(経営4)が四球で出塁し、5番宗接君のライトへのタイムリーヒットでさらに1点を追加しました。

5回裏、2番小山(倭)君、3番北村君が四球で出塁し、4番水本君のゴロの間にランナー入れ替わり、1死1・2塁とすると、5番宗接君のレフトへのタイムリーヒットで1点。6番宮崎君のゴロでランナーが入れ替わり、7番正隨君が四球で出塁し、2死満塁とすると、8番山本卓弥君(経済1)のライトへのタイムリーヒットで2点。さらに9番石川君の打席間に正隨君が、本塁へ盗塁し1点。この回4点を挙げ試合を決めました。

投手陣は、先発の山田義貴君(経営4)が2回で降板すると、嘉陽宗一郎君(経営3)が5回1/3、最後は諏訪洸君(経営4)が1回2/3の継投で、初回の1点以降は日本大の追加点を許しませんでした。

---------
日大 100 000 000|1
亜大 012 040 000|7
---------

この優勝により、本学は6月に行われる「第65回全日本大学野球選手権記念大会」に出場することとなりました。
本学初戦は、6月8日(水)9:00からの予定です。

引き続き、皆様のご声援をよろしくお願いいたします。

東都大学野球春季リーグ 日本大学に先勝し、優勝に王手(5/24)

東都大学野球春季リーグの最終戦は日本大学との対戦。
24日1回戦は、5-0で下して先勝しました。

4回表、2番小山倭誠君(経営2)が四球で出塁し、3番北村拓己君(経営3)が犠打で送り4番水本弦君(経営4)のゴロの間に進塁。2死3塁とすると、5番宗接唯人君(経営4)のライトへのタイムリー3ベースヒットで1点。
6回表、2番小山(倭)君がセンターへのヒット、4番水本君が四球で出塁し、1死1・2塁とすると、5番宗接君の打球をショートがエラーし1点。
8回表、2番小山(倭)君が四球で出塁し、3番北村君が犠打で送り、4番水本君がセンターへのヒットで出塁し、2死1・3塁とすると、6番宮崎一斗君(経済4)のレフトへのタイムリーヒットで1点。7番正隨優弥君(経営2)が四球で出塁し、8番山本卓弥君(経済1)のライトへのタイムリーヒットで2点。この回3点を追加しました。
先発の
中村稔弥君(経営2)は完封し、これで今季3勝目となります。

---------
亜大 000 101 030|5
日大 000 000 000|0
---------

明日、25日(水)の2回戦に勝てば2季連続の優勝が決まります。

皆様のご声援をよろしくお願いいたします。

第48回関東女子学生剣道選手権大会結果

5月14日(土)に東京武道館にて第48回関東女子学生剣道選手権大会があ行われました。
惜しくも女子は全日本学生へ出場することはできませんでした。
男女とも9月の団体戦に向けて精一杯精進してまいります。
応援してくださいました父母の方々、先輩方、誠にありがとうございました。

1回戦
大内(亜大) メ -   藤田(茨城大)
出頭(亜大) ド -   高橋(日本文化大)
松下(亜大)   - メ 志村(駒澤大)
篠原(亜大)   - メ 津田(国際武道大)

2回戦
大内(亜大) コ -   市岡(中央大)
出頭(亜大)   - メ 井手(国士舘大)

3回戦
大内(亜大)   -メメ 合瀬(筑波大)


優勝  大亀(明治大学)
準優勝 三好(明治大学)
3位  有働(國學院大学)
    河村(早稲田大学)
敢闘賞 合瀬(筑波大学)
    木宮(筑波大学)
    小川(日本体育大学)
    佐々木(筑波大学)

第62回関東学生剣道選手権大会結果

5月8日(日)に日本武道館にて第62回関東学生剣道選手権大会が行われました。
2年生の平尾勇樹が激戦を勝ち抜き、みごと全日本学生剣道選手権大会へ出場することが出来ました。
応援してくださいました父母の方々、先輩方、誠にありがとうございました。

1回戦
龍崎(亜大)   - メ 井上(流経大)
梅林(亜大) メツー   篠原(東電大)
白石(亜大) メメー   日下(北里大)
平尾(亜大) メ -   木村(拓殖大)

2回戦
梅林(亜大)   -ココ 青木(山梨大)
白石(亜大)   - メ 小林 慶(東理大)
平尾(亜大) メ -   小林 哲(東理大)

3回戦
平尾(亜大) ド -   藤崎(國學院大)

4回戦
平尾(亜大) メ -   徳川(東大)

5回戦
平尾(亜大)   ー コ 菊地(順天堂大)

優勝  矢野(国士舘大学)
準優勝 加納(筑波大学)
3位  梅ヶ谷(中央大学)
    田中 翔(法政大学)
敢闘賞 田内(筑波大学)
    山田(明治大学)
    田中 芳(法政大学)
    久田松(早稲田大学)

熊本地震ボランティア活動報告(剣道部)

4月29日から5月3日にかけて亜細亜大学剣道部員5名で熊本県に赴き、4月30日から5月2日の3日間ボランティア活動を行いました。

今回、ボランティア活動を行って地震の恐ろしさを肌で感じました。木造の瓦屋根の家はほとんどが半壊、全壊であり、その光景を見たとき本当に言葉が出てきませんでした。道は所々割れていて、橋は壊れて通れないところが多くあり、どこに行っても車は渋滞していました。

少し被災地の方とお話しすることができ、熊本県だけでなく九州地方は台風被害を防ぐため瓦屋根のが多くあり、その瓦が落ちてここまで被害が大きくなってしまっている。また、滅多に地震は起きないそうでほとんどのが地震保険に加入していないそうです。今後は、義援金がもっと必要になるだろうと思いました。
何軒ものお宅のお手伝いをさせていただき、そのたびに何度もお礼をしていただきました。小さな力ではありましたがお役に立つことが出来ました。

亜細亜大学剣道部といたしましても今後とも熊本復興に出来ることを探し、尽力していきたいと思います。

東都大学野球春季リーグ 現在本学は2位。対専修大学2回戦は3対1で勝利、勝ち点2(5/12)

東都大学野球春季リーグもいよいよ終盤戦。
5月12日に行われた、対専修大学との2回戦は3対1で勝利し、勝ち点2を挙げました。
初戦で國學院大学に2連敗を喫したものの、その後は6連勝。現在本学は6勝2敗勝ち点3で2位につけています!

初回裏、1番法兼駿君(経営4)が四球で出塁し、2番石川拓弥君(経営2)の打席間に盗塁、石川君が犠打で送り、1死3塁とすると、3番北村拓巳君(経営3)のセンターへのタイムリーヒットで1点。
4回裏、7番正随優弥君(経営2)の左中間へのソロホームランで1点。
6回裏、4番水本弦君(経営4)が四球で出塁、5番宗接唯人君(経営4)が犠打で送り、1死2塁とすると、6番宮崎一斗君(経営4)の左中間への2ベースヒットで1点を追加。
8回表に1死満塁で1点を返されるも、その後の追加点を許さず3対1で試合終了。先発の中村稔弥君(経営2)は9回まで4安打に抑え13奪三振、自身初の完投勝利を挙げました。

---------
専修 000 000 010|1
亜大 100 101 00X|3
---------

来週の國學院大vs東洋大の結果次第では、最終戦まで優勝の可能性が残されます。
5月24日(火)、25日(水)の対日本大学が最終戦です。


引き続き、皆様のご声援をよろしくお願いいたします。

山野ファブリシオ君が3大会で好成績

ボクシング部の山野ファブリシオ君(国際関係2)が、総合格闘技1大会で初のKOをとり、柔術2大会ではどちらもベスト3入りと健闘中です。

ASJJFドゥマウ主催「TOKYO OPEN JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2016」白帯フェザー級3位(2/24)
ASJJFドゥマウ主催「EAST JAPAN JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2016」白帯フェザー級2位(3/23)
「D-NET STRIKING TANG TNAG」プレビギナーライト級 1R 1:07 KO勝ち

山野君は高校2年から総合格闘技を始め、大学1年の12月に現在のジムに所属。4ヵ月の間に3大会に出場し、勝利を挙げています。「それまではずっと負けばかり。6戦連続で負けていました。なかなか結果に繋がらない時期も長く、悔しい思いをしました」と山野君。毎日の練習ノートで自身の練習を客観的に分析したほか、ジムの仲間にもアドバイスを受けるなど、仲間に支えられることも多かったと言います。

その努力が結果に結びついての好成績。昨年4部への昇格を果たしたボクシング部ではレギュラーメンバーに。
今後の活躍にも期待がかかります。

春季リーグ戦 今週の試合結果

こんにちは。男子バレーボール部です。

今週の第2戦、第3戦はホームである亜細亜大学にて行われました。


4月16日(土)は、対 大東文化大学でした。
第1セット目は、序盤から調子が良く自分たちのプレーで相手を寄せ付けず取ることができました。
第2セット目は、相手の流れに合わせてしまい、苦しい展開となり取られてしまいました。
第3セット目は、2セット目の反省を活かし、相手を突き放す攻撃ができ取ることができました。
第4セット目も、3セット目の流れのまま、取ることができ、見事勝利しました。

翌日の4月17日(日)は、対 国士舘大学でした。
第1セット目は、接戦となりましたが取られてしまいました。
第2セット目は、相手の攻撃を止められず取られてしまいました。
第3セット目は、相手にリードされることなく取ることができました。
第4、5セット目は、接戦を制し、全員で繋ぐバレーができ、フルセットの末見事逆転勝利しました!

今週は見事2連勝することができ、来週につながる試合でした。

今回も応援して下さった皆様、ありがとうございました。
今後ともご声援よろしくお願い致します。

来週も亜細亜大学にて、土曜日に法政大学と、日曜日に青山学院大学との試合がありますので、お時間のある方は是非お越しください。

今週の試合結果

4月16日(土)
亜細亜大学 対 大東文化大学
25-19
             23-25
             25-12
             21-19

4月17日(日)
亜細亜大学 対 国士舘大学
22-25
             15-25
             25-19
             25-22
             15-12

春季リーグ戦開幕!!


こんにちは。
バレーボール部です。
先週から春季リーグ戦が開幕しました。
1部昇格を目標に練習をしてきました。

開幕は大東文化大学板橋キャンパスで行われました。

4月10日、第1戦となった 対 慶應義塾大学では、
第1セットはデュースにまでもつれ込んだ接戦を制し、取りました。
第2セットもデュースまで行きましたが、取られてしまいました。
第3セットは序盤から接戦でしたが、最後は粘り勝ちし、第3セットを取りました。
第4セットは、相手の勢いを止められず、取られてしまいました。
第5セット、序盤リードを奪ったのですが、徐々に追い付かれ、
最終的には逆転され負けてしまいました。

今回も応援に来て下さった皆様、ありがとうございました。
今後ともご声援の程、よろしくお願いします。

今週は亜細亜大学にて、土曜日に大東文化大学と、
日曜日は国士舘大学と試合しますので、お時間のある方は
是非お越しください。

先週の試合結果
4月10日(日)
亜細亜大学 対 慶應義塾大学
     29-27
     25-27
     25-23
     18-25
     11-15  

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ

アーカイブ