亜大スポーツ亜大スポーツ

秋季リーグ戦(9/17.18)の試合結果

こんにちは。
バレーボール部です。

先週の第5戦、第6戦は、国際武道大学にて行われました。

9月17日の相手は、平成国際大学でした。
第1セットは、序盤から試合の主導権を持つことができず、8点差をつけられてしまいます。
終盤、粘りを見せるものの、追いつくことができず、このセットを18-25で奪われます。

第2セットも、序盤から相手のペースに押されてしまい、18-25でセットを奪われます。

第3セットは、終始接戦となります。
終盤は両チームのエース対決となり、エース井原(4番)が踏ん張りますが、接戦の末28-30でセットを落とし、
セットカウント0-3でこの試合を落とします。

9月18日の相手は、桜美林大学でした。
第1セットは、序盤、5連続ポイントなど、終始亜細亜大学が主導権を握る展開で、25-20でこのセットを奪います。

第2セットも、序盤からリードし、エース井原(4番)のスパイクなどで突き放し、25-20でこのセットを奪います。

第3セットは、序盤リードを許すと、終始ペースをつかまれてしまい20-25とこのセットを奪われます。

第4セットは、石川(14番)の機動力のある攻撃で相手を突き放します。最後はエース井原(4番)が試合を決め、25-17とこのセットも奪い、セットカウント3-0で勝利します。

今回も応援して下さった皆様、ありがとうございました。
今後とも暖かいご声援よろしくお願い致します。

今週は亜細亜大学にて、土曜日に慶應義塾大学、日曜日に法政大学との試合がありますので、お時間のある方は是非お越しください。

先週の試合結果
9月17日(土)
亜細亜大学 対 平成国際大学
18-25
18-25
28-30

9月18日(日)
亜細亜大学 対 桜美林大学
25-20
25-20
20-25
25-17

 

秋季リーグ戦(9/10.11)の試合結果

こんにちは。
バレーボール部です。

先週の第3戦、第4戦は、大東文化大学東松山校舎にて行われました。

9月10日(土)の相手は、宇都宮大学でした。
第1セットは、序盤はお互い点を譲らない展開で、接戦となりました。
中盤に相手の力強いスパイクを止めることができず連続失点が続きます。
セット終盤、穂満(18番)の力強いスパイクで得点を重ねますが、相手のリードを縮めることができず、このセットを21-25で奪われてしまいます。

第2セットは、序盤に登(8番)のサービスエースを含む4連続ポイントとリードします。
中盤、相手の速攻や高いブロックに苦戦し、差を縮められてしまいます。
亜細亜大学も、エース井原(4番)、照井(10番)のスパイクで奮闘し接戦となります。
終盤までリードを保つものの、相手に連続得点を許してしまい、このセットを23-25で奪われます。

第3セットは、序盤から接戦となりました。
しかし、相手の攻撃を止めることができず、宇都宮大学に主導権を持たれます。
終盤、亜細亜大学も意地を見せ、終盤追い上げ、点差を縮めますが、
相手の機動力のある攻撃にやられてしまい、セットを23-25で落とし、
この試合をセットカウント0-3で敗戦してしまいました。


9月11日(日)は、対 大東文化大学でした。
第1セットは、序盤から流れを掴めない亜細亜大学にミスが多発し、このセットを17-25で落とします。

第2セットは、第1セットとは逆の展開で、序盤、佐々木(11番)を中心に得点し、大量リードします。
終盤、守備固めで起用した中原(12番)が、サービスエースを決めるなど、一気に相手を突き放しこのセットを25-13で奪い返します。

第3セット相手の高いブロックに対応できず、5-13と相手に8点差をつけられてしまいます。
点差を縮められずに向かえた終盤、24-13と相手にセットポイントを許します。
しかし、キャプテン井原(4番)が意地を見せサービスエースを繰り返し、一気に7連続ポイントと得点しますが、
大きく開いた点差に苦戦し、20-25でこのセットを奪われます。

第4セット、後が無くなった亜細亜大学は、序盤からリードされますが、接戦を繰り広げ
中盤に、石川(14番)のブロックで点数を重ねます。
終盤、中島(17番)を今大会初めてピンチサーバーとして起用すると、流れを一気に亜細亜大学に引き寄せ、
中島(17番)のサービスエースを含む4連続ポイントと得点し、22-20とリードします。その後も亜細亜大学の勢いは止まらず、25-22とこのセットを奪い取ります。

第5セット、序盤から亜細亜大学のペースでリードしますが、
中盤になると相手も譲らない展開となり、苦戦します。
終盤デュースに持ち込むもののあと一歩の所でミスが出てしまい、14-16とこのセットも落とし、
セットカウント2-3でこの試合も落としてしまいました。

今回も応援して下さった皆様、ありがとうございました。
今後とも暖かいご声援よろしくお願い致します。

今週は国際武道大学にて、土曜日に平成国際大学、日曜日に桜美林大学との試合がありますので、
お時間のある方は是非お越しください。


先週の試合結果
9月10日(土)
亜細亜大学 対 宇都宮大学
21-25
23-25
23-25

9月11日(日)
亜細亜大学 対 大東文化大学
17-25
25-13
20-25
25-22
14-16

秋季リーグ戦開幕!!

こんにちは。
バレーボール部です。

先週から秋季リーグ戦が
駒澤大学玉川キャンパスにて開幕しました。

初戦の相手は立正大学でした。
1セット目序盤はエース井原(4番)を中心に得点を重ねますが
相手の高いブロックに苦しみ接戦となりました。
中盤、守備固めに中原(12番)を投入し流れをつかむと、
逃げ切り1セット目を25-22で先取します。

第2セットは序盤から相手の力強いスパイクでリードを許すと立正大学に主導権を持たれます。
攻守が噛み合わない亜細亜大学はミスが続き第2セットを
22-25でセットを奪われます。

第3セット序盤から流れがつかめない亜細亜大学は
黒木(25番)に変わり細木(2番)を起用し流れを変えようとしますが
立正大学の勢いを止めることができず18-25でこのセットも奪われます。

第4セット後がない亜細亜大学は
第3セットで途中から投入した細木(2番)と佐々木(11番)をスタートから起用します。
序盤から攻めるバレーで途中出場した細木(2番)と佐々木(11番)が得点を重ねますが、
立正大学の高いブロック、機動力のある攻撃に対応できずリードされてしまいます。
終盤リベロ、渡邉(13番)を中心に粘りを見せますが、
序盤に広げられたリードを詰めることができず
22-25でこのセットも奪われセットカウント1-3で初戦を黒星でスタートする厳しいリーグ戦となりました。

大会2日目の相手は山梨大学でした。
1セット目序盤から自分たちのミスと山梨大の勢いに押され1-5とリードを許します。
中盤両レフトが得点を重ね、流れを引き寄せようとしますが、
自分たちのミスも出てしまい18-25でセットを奪われます。

第2セット流れを変えたい亜細亜大学は穂満(18番)を投入します。
序盤から主導権を握る楽な展開で試合を進め、
25-18でセットを奪い返します。

第3セット、序盤から山梨大学の流れで試合が進み
5-12とリードを許します。
終盤、エース井原(4番)と相手エースの力強い打ち合いとなりますがこれを落とすと、
18-25でこのセットも落とします。

第4セット後がない亜細亜大学は、
石川(14番)の力強いスパイクと登(8番)のサービスエースで得点し、リードします。
リードしたまま迎えた終盤、穂満(18番)の鋭いスパイクと佐々木(11番)の
サービスエースでこのセットを一気に25-15で奪います。

第5セット、序盤両チーム後がない展開で接戦となりますが
亜細亜大学は中原(12番)をピンチサーバーとして起用し、
サービスエースを決めると一気に流れに乗り、
センター照井(10番)がスパイクを決めると
井原(4番)がバックアタックを決めセットカウント3-2でこの試合を決めます。


今回も応援して下さった皆様、ありがとうございました。
今後ともご声援よろしくお願いします。

今週は大東文化大学東松山校舎にて、土曜日に宇都宮大学、日曜日に大東文化大学との試合がありますので、
お時間のある方は是非お越しください。

先週の試合結果

9月3日(土)
亜細亜大学 対 立正大学
25-22
22-25
18-25
22-25

9月4日(日)
亜細亜大学 対 山梨大学
18-25
25-18
18-15
25-15
15-11



 

体育会スポーツカレンダー(9月・10月分)を掲載しました

体育会各団体の公式試合スポーツカレンダーを掲載しました。
下記のリンク先から9月、10月分のカレンダーをご覧いただけます。

◇体育会スポーツカレンダーはこちら
http://www.asia-u.ac.jp/uploads/files/20160831104939.pdf

どの団体も厳しい夏季の猛練習を乗り越え、間もなく開幕する秋季公式戦に臨みます。
チーム一丸となり、全力で戦う学生に温かいご声援をよろしくお願いいたします。

※カレンダーは本学公式ウェブサイト「学生生活・手続き」コンテンツ内、「課外活動」からも見ることができます。

祝賀会を開催

平成28年度東都大学野球春季リーグ戦優勝を祝し、7月26日にセルリアンタワー東急ホテルで祝賀会を開催しました。
祝賀会では東都大学野球連盟の本郷茂理事はじめ邑上守正武蔵野市市長、夏合宿でお世話になっている北海道釧路市からお迎えした蝦名大也市長より祝辞があり、硬式野球部の健闘を労いました。

福原紀彦東都大学野球連盟副理事長による乾杯の後、歓談の時間では野球部員がいつもお世話になっている方々へお礼や挨拶に向かいました。会では、プロで活躍する卒業生からのビデオレターが流されるなど、サプライズプレゼントも。

生田監督の謝辞では、優勝に至るまでの紆余曲折、コーチと共に試行錯誤で指導に当たってきた過程、選手たちの成長ぶりなどが力強く語られ、今後の抱負につなげられました。

応援団と吹奏楽団が会場に華を添え、全員で第一学生歌を合唱、大島正克亜細亜大学硬式野球部部長のあいさつで閉会となりました。

第5回東都学生剣道優勝大会

7月17日(日)、城西大学坂戸キャンパスにて第5回東都学生剣道優勝大会が行われました。今大会では、男子は1、2年生でチームを組み、大会に臨みました。

大会結果は以下の通りです。

-----------------------
【男子団体】
<予選リーグ一回戦> 亜大6(9) 高千穂大1(1)
白石 メメ ‐ 吉田
細谷 コ ‐ 坂井
川合 コ ‐ 伊藤
須田 ‐ 反 神田
伊達 メ ‐ 越山
山﨑 メメ ‐ 草川
平尾 メメ ‐ 久光

<予選リーグ二回戦> 亜大2(3) 帝京大3(5)
白石 ‐ メコ 織戸
塩原 ‐ メコ 高橋
須田 × 楠
前田 ‐ コ 中川
伊達 メ ‐ 佐々木
山﨑 メド ‐ 小林
平尾 × 木屋

【女子団体】
<予選リーグ一回戦> 亜大0(0) 東洋大3(5)
田中 × 加藤
出頭 × 野口
松本 ‐ メ 藤岡
三橋 ‐コメ 肝付
大内 ‐メメ 住友

<予選リーグ二回戦> 亜大3(7) 東経大2(4)
篠原 メ ‐メメ 佐藤
出頭 〇〇‐
松本 ‐コ 塚田
三橋 ココ‐ 斎藤
松下 メメ‐メ 臼井

男女、予選リーグ敗退

-----------------------
【男子個人】
<一回戦>
山﨑(亜大)メ ‐ 小池(城西大)
白石(亜大) ‐コ 齋藤(城西大)

<二回戦>
山﨑(亜大)コ ‐ 長谷川(桐蔭横浜大)

<三回戦>
山﨑(亜大) ‐ド 高橋(学習院大)


【女子個人】
<一回戦>
白石(亜大)コ ‐ 須山(明星大)
篠原(亜大) ‐ココ 清水(城西国際大)

<二回戦>
白石(亜大)メ -メコ 内尾(帝京大)

以上

JAF-F4西日本シリーズ3戦で金澤君が3位

△3位でゴール

△試合前の緊張の瞬間

レーシングマシン「フォーミュラカー」によるレースに本学から金澤力也君(経営2)が出場。西日本シリーズ初出場で3位に入賞しました。ここでは金澤君のレースレポートを紹介します。


JAF-F4西日本シリーズ第3戦は、レース1週間前に急遽参戦が決定しました。場所は三重県にある鈴鹿サーキット。今年は東日本シリーズの参戦に絞っていたため、一度も走ったことの無いコースでのレースとなりました。

レース前日の練習、初めはトップとの差が2秒近くあったものの、ドライビングとマシンを上手くセットアップしていき、最終的には0.5秒まで縮めました。
迎えたレース当日、予選では3位のタイムを記録し、決勝ではその順位からスタートすることになりました。決勝レーススタート時に後方の選手に抜かされ、4位に後退します。しかし数週後に3位の選手を上手く抜かすことが出来、再び3位へ復帰。その後、懸命に走り続けますが、2位との差は縮まらず3位でレース終了となりました。

初めてのコース、限られた練習時間でのレースで3位表彰台を獲得できたことは嬉しく思いますが、それ以上に自分の課題が分かったので何よりそれが嬉しいです。(レースも試験(テスト)と同じですね・・・)
また、マシントラブルが相次ぐ不運に悩んでいましたが、不運な時こそ我慢して、頑張り続ければチャンスが回ってくるというのも今回実感したことでした。

急遽出場が決まり、とても貴重な経験ができて、チーム、スポンサード様には感謝しています。
次戦ではトップと優勝争いができるように日々努力していきます。

第64回全日本学生剣道選手権大会

7月3日に日本武道館にて第64回全日本学生剣道選手権大会行われました。
今大会は5月8日に行われました関東学生剣道選手権大会にて上位に入りますと出場することができます。
亜細亜大学、平尾勇樹君(経済学部2年)が出場いたしました。
結果は、惜しくも1回戦で敗れましたが、多くの先輩方、父兄の方々によるご指導ご支援のおかげで、精一杯力を出し切ることができました。誠にありがとうございました。

結果は以下の通りです。
 
平尾(亜大)     ーメ       高橋(立命館大)
 
優勝    山田 凌平(明大)
 
準優勝 貝塚 泰紀(日体大)
  
三位    三上ヘンリー大智(中大)
牧島 凜太郎(鹿体大)
敢闘賞 岩切 勇樹(国際武道大)
梅ヶ谷 翔(中大)
千田 海 (明大)
了戒 一彰(専大)
  
 

第35回東京都女子選手権大会

7月2日、東京武道館にて第35回東京都女子選手権大会が行われました。
今大会は、5月29日にありました第22回東京都女子学生剣道選手権大会にてベスト8まで行くと出場することができます。また、今大会でベスト4になりますと全日本女子学生剣道選手権大会に東京都代表として出場することができる大会です。学生だけでなく社会人、警察官も出場するレベルの高い大会となっております。

5月の大会にて亜細亜大学、松本(国際関係学部3年)がベスト8に入り今大会に出場いたしました。
け結果は以下の通りです。

一回戦
西迫(板橋)        不戦勝 ○○ 松本(亜大)
角田(警視庁) メメ ー           松本(亜大)     

優勝     田中(警視庁)
準優勝  阿部(警視庁)
三位      柴田(警視庁)
三位      正代(警視庁)

第22回東京都学生・女子学生剣道選手権大会

5月29日、明治大学和泉校舎体育館にて第22回東京都学生・女子学生剣道選手権大会が行われました。応援してくださった父母の方々、先輩方、誠にありがとうございました。
結果は以下の通りです。


男子個人
一回戦   棚橋(亜大) ー メ 後藤(慶大)   林 (亜大)メ ー 稗田(日体大)   山﨑(亜大)コ ー 秋山(駒澤大)   伊達(亜大)メ ー 山崎(国士舘)  
二回戦   林 (亜大)メ ー 川井(慶大)   山﨑(亜大)ド ー 荻野(首都大)   伊達(亜大) ー ココ 櫻木(成蹊大)  
三回戦   林 (亜大)メ ー メメ 成田(駒澤大)   山﨑(亜大)メ ー 原田(玉川大)  
四回戦   山﨑(亜大) ー ド 山田(明大)  
【優勝】 染矢(中大)   
【準優勝】 山本(早大)   
【三位】 松井(中大)/野島(日大)  

女子個人
一回戦   田中(亜大) メ ー 石月(國學院)   松本(亜大)メメ ー 堀江(成城大)   三橋(亜大) ー メメ 中澤(早大)   白石(亜大) ー ココ 向島 (上智大)  
二回戦   田中(亜大) ー メ 金子(駒澤大)   松本(亜大)メ ー 金澤(国士舘)  
三回戦   松本(亜大)コメ ー メ 五十嵐(家政大)  
四回戦   松本(亜大) コ ー 小林(慶大)  
五回戦   松本(亜大) ー 反 中原(明大)  
【優勝】 轟原(青山学院大)
【準優勝】 中原(明大)
【三位】 和栗(駒澤大)/春名(明大)

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ

アーカイブ