亜大スポーツ亜大スポーツ

関東学生・女子学生剣道優勝大会

 9月14日(日)、日本武道館にて第63回関東学生剣道優勝大会、9月20日(土)、東京武道館にて第40回関東女子学生剣道優勝大会が行われました。

応援してくださった先輩方、父兄の方々、誠にありがとうございました。
 
 第63回関東学生剣道優勝大会
 
一回戦
亜大4(5)        高経大1(3)
西川    メ-  コ  山崎
高橋       ×       渡邊
龍崎    メ-       斉藤
林      メ -       門倉
花牟禮   -コメ  須藤
渡邉    コ-       中田
花田    メ-        林

二回戦
亜大0(1)          明大5(9)
西川         -メ      阿部
高橋         -メメ  本田
龍崎         -メ     永谷
林            ×       長谷川
花牟禮  メ-   メ  市川
渡邉         -メメ  大貫
花田         -メメ  樫原

優勝    筑波大学
2位       日本体育大学
3位     中央大学、国士舘大学
敢闘賞 東京農業大学、明治大学、日本大学、法政大学
 
 
第40回関東女子学生剣道優勝大会
 
一回戦
亜大3(6)    首都大学東京0(1)
大内メ   -    杉山
松本メメ  -    中田
竹内    ☓    瀬尾
田中コメ  -    青木
桧山メ   ☓メ   石黒
 
二回戦
亜大0(0)     法政大5(9)
大内    -メメ  高橋
出頭    -メ   坂田
松本    -メド  阿部
田中    -コド  高橋
桧山    -メコ  松本
 
優勝  法政大学
2位   筑波大学
3位   国士舘大学
     立教大学
敢闘賞 茨城大学・早稲田大学・東京女子体育大学・駒澤大学 

土日の試合結果

中央学院大学、山梨大学と試合を行いました。

中央学院大学戦では、クイック攻撃にブロックが間に合わず、相手の思うようにやられてしまい1-3で負けしまいました。

山梨大学戦では、サーブで相手を崩し、単調になった攻撃をブロックで仕留め、フルセットの末、勝利する事ができました。

亜細亜大学 対 中央学院大学

      25―23

      20―25

      20―25

      20―25

亜細亜大学 対 山梨大学

      23―25

      25―11

      25―16

      18―25

      15―10

ツーランでサヨナラ勝ち、タイに

IMG_2801.jpg東都大学野球秋季リーグ対青山学院大2回戦が26日、神宮球場で行われ、本学が2対0で勝利、このカードの対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

【写真=サヨナラツーランを打った遠藤君】
 
 
 
 
14092601.jpg
14092602.jpg
14092603.jpg
 
 
【写真(左)=遠藤君のサヨナラツーラン】
【写真(中)=11回までを2安打に抑えた山崎君】
【写真(右)=4イニング三者凡退の大下君】
 
試合は延長14回まで両チームともに無得点の投手戦でした。しかし最後の攻撃となる15回裏、先頭の牛場友哉君(経営4)がヒットで出塁、ランナー法兼駿君(経営2)に代わり、水本弦君(経営2)の犠打で1死二塁とすると、代打・遠藤雅洋君(経営3)がライトスタンドへサヨナラツーランホームランを放ち、4時間近くに及ぶ壮絶な戦いに決着をつけました。
 
本日の先発は山崎康晃君(経営4)で、延長11回までを2安打無失点に抑えると、12回からを投げた大下佑馬君(経営4)は4イニングすべて三者凡退の好投で、4年生投手の気迫のピッチングが完封サヨナラ勝ちを引き寄せました。
 
------------------
青学大 000 000 000 000 000 | 0
亜細亜 000 000 000 000 002X  | 0 
------------------
 
勝ち点をかけた第3戦目は次の予定で行われます。皆様のご声援をよろしくお願いします。
 
▼対青山学院大3回戦
10月3日(金) 10時30分〜
 
------------------------------------------------
天候等の事情により日程変更の場合がありますので、最新の情報は東都大学野球連盟ホームページでご確認ください。
-----------------------------------------------

青山学院大に逆転負け

20140924東都大学野球青山学院大.jpg

東都大学野球秋季リーグ対青山学院大1回戦が本日、神宮球場で行われ、2対3で逆転負けを喫しました。
 
試合は1回表1死一、二塁から水本弦君(経営2)のセンター越えタイムリーツーベースヒットで2点を先制しました。しかし3回裏2死からツーラン、ソロホームランと二者連続ホームランを浴び、2-3で逆転負けを喫しました。
 
ピッチャーは山田義貴君(経営2、3回)、大下佑馬君(経営4、5回)の継投で、4回以降は相手に点を与えませんでしたが、打線があと一歩、つながりませんでした。
 
【写真=1回表に先制の2点タイムリーを放つ水本君】
 
 
 
 
 
-----------
亜細亜 200 000 000 | 2
青学大 003 000 00× | 3
-----------
 
雪辱をかけた2回戦は次の予定で行われます。皆様のご声援をよろしくお願いいたします。
 
 
▼対青山学院大戦
9月25日(木)、13時~、一塁側後攻※=プロ野球開催日
 
------------------------------------------------
天候等の事情により日程変更の場合がありますので、最新の情報は東都大学野球連盟ホームページでご確認ください。
-----------------------------------------------

土日の試合結果

日本大学、桜美林大学と試合を行いました。

日本大学戦は1セット目の終盤からミスを連発してしまいました。2.3セット目と日本大学のチームの雰囲気にのまれてしまい、あっけなく負けてしまいました。試合後に、ミーティングをし、本日の桜美林大学戦では、簡単なミスがなくなりストレートで勝利することができました。

亜細亜大学 対 日本大学

      21-25

      20-25

      13-25

亜細亜大学 対 桜美林大学

      25-20

      25-19

      25-19

拓殖大に連勝し今季初の勝ち点1

東都大学野球秋季リーグ対拓殖大2回戦が本日、神宮球場で行われ、本学が8−1で連勝し、今季初となる勝ち点1を獲得しました。


試合は4回表にソロホームランを浴び先制をゆるしましたが、4回裏に2死一、三塁から北村祥治君(経営3)のレフトへのスリーランホームランで3対1と逆転。

5回裏には眞野恵祐君(主将、経営4)のタイムリーツーベースヒットなどで4点を奪うと、8回裏には1死三塁代打木村駿斗君(1年生)の適時打でさらに追加点を得てつきはなしました。

本日の先発は開幕以来の登板となる山崎康晃君(経営4)で、7回までを4安打1失点に抑え今季初勝利。継投した大下佑馬君(経営4、1回)嘉陽宗一郎君(経営1、1回)も相手に得点を与えませんでした。

------------------
拓殖大 000 100 000 | 1
亜細亜 000 340 01X | 8
------------------

次の青山学院との対戦は9月24日からを予定しています。
皆様のご声援をよろしくお願いいたします。

▼対青山学院大戦
9月24日(水)、10時30分~、三塁側先攻※
9月25日(木)、13時~、一塁側後攻※

 ※=プロ野球開催日
------------------------------------------------
天候等の事情により日程変更の場合がありますので、最新の情報は東都大学野球連盟ホームページでご確認ください。
-----------------------------------------------

拓殖大に先勝

東都大学野球秋季リーグ対拓殖大1回戦が本日、神宮球場で行われ、5対2で本学が先勝しました。

 
試合は1回裏に2点を奪われましたが、2回表に1死一、三塁から木浪聖也君(経営2)のレフト方向へのタイムリーツーベースヒットで1点を返し、さらに板山祐太郎君(経営3)の犠牲フライで加点、2対2と同点に追いつきます。
 
また、5回表にはエラーと犠打、盗塁で三塁まで進んだ板山君が長曽我部竜也君(経営3)のスクイズで還り、逆転しました。
 
さらに6回表には先頭の眞野恵祐君(主将、経営4)が、自身リーグ戦初となるソロホームランをライトスタンドへ放つと、8回にはまたも先頭の眞野君がセンター前ヒットで出塁し、犠打と盗塁で1死三塁の好機を作り、藤岡裕大君(経営3)のタイムリーで生還し1点、リードを広げました。
 
投手陣は嘉陽宗一郎君(経営1・2回)--山田義貴君(経営2・7回)で、3回以降を7安打無失点に抑えた山田君にリーグ戦初白星がつきました。
 
091601IMG_1985.jpg
091602IMG_1862.jpg
 
 
【写真(左)=要所をおさえる粘りのピッチングを見せた山田君】
【写真(右)=プレーでもチームを牽引した主将・眞野君】
 
-----------------
亜細亜 020 011 010 | 5
拓殖大 200 000 000 | 2
------------
 
眞野君「先頭だったので何とか塁に出ようと振り切ったら入った。春は投手に助けられていたので秋は打者もチームを支えて行きたい」
山田君「チームが勝てたことが嬉しい。ランナーを出した時こそ一球一球に集中できた」
 
勝ち点をかけた大事な第2戦は次の予定で行われます。皆様のご声援をよろしくお願いいたします。
 
▼対拓殖大2回戦
 9月17日(水) 13時〜、一塁側後攻
 ※プロ野球開催日
 
------------------------------------------------
※天候等の事情により日程変更の場合がありますので、最新の情報は東都大学野球連盟ホームページでご確認ください。
-----------------------------------------------
 

試合結果

宇都宮大学、駒澤大学、青山学院大学と試合を行いました。

レギュラーが1人怪我してしまいなかなか大事なところで点数が取れず、非常に悔しい結果となってしまいました。

亜細亜大学 対 宇都宮大学

25-23

21-25

17-25

23-25

亜細亜大学 対 駒澤大学

23-25

20-25

23-25

亜細亜大学 対 青山学院大学

15-25

25-22

24-26

23-25

関東学生・女子学生剣道優勝大会

 9月14日(日)、日本武道館にて第63回関東学生剣道優勝大会、9月20日(土)、東京武道館にて第40回関東女子学生剣道優勝大会が行われました。

応援してくださった先輩方、父兄の方々、誠にありがとうございました。
 
 第63回関東学生剣道優勝大会
 
一回戦
亜大4(5)        高経大1(3)
西川    メ-  コ  山崎
高橋       ×       渡邊
龍崎    メ-       斉藤
林      メ -       門倉
花牟禮   -コメ  須藤
渡邉    コ-       中田
花田    メ-        林

二回戦
亜大0(1)          明大5(9)
西川         -メ      阿部
高橋         -メメ  本田
龍崎         -メ     永谷
林            ×       長谷川
花牟禮  メ-   メ  市川
渡邉         -メメ  大貫
花田         -メメ  樫原

優勝    筑波大学
2位       日本体育大学
3位     中央大学、国士舘大学
敢闘賞 東京農業大学、明治大学、日本大学、法政大学
 
 
第40回関東女子学生剣道優勝大会
 
一回戦
亜大3(6)    首都大学東京0(1)
大内メ   -    杉山
松本メメ  -    中田
竹内    ☓    瀬尾
田中コメ  -    青木
桧山メ   ☓メ   石黒
 
二回戦
亜大0(0)     法政大5(9)
大内    -メメ  高橋
出頭    -メ   坂田
松本    -メド  阿部
田中    -コド  高橋
桧山    -メコ  松本
 
優勝  法政大学
2位   筑波大学
3位   国士舘大学
     立教大学
敢闘賞 茨城大学・早稲田大学・東京女子体育大学・駒澤大学 

平成26年度東京学生柔道体重別選手権大会(結果)

 投稿が遅れましたが、8月24日(日)に日本武道館で行われた平成26年度東京学生柔道体重別選手権大会に本学から7名の選手が出場し結果は以下の通りとなりました。多くの強豪選手が出場する大会で、選手全員が全力で戦いました。特に関岳大(国関3年生)は3回戦まで勝ち残り、すばらしい結果を残してくれました。今後とも、部員一同、常に現状に満足することなく、より上を目指して稽古に精進してまいります。

 

【結果】

(1)中村卓選手(経済2年、66kg級)
-1回戦敗退(対戦:宮上選手〈帝京大〉)

 

(2)野口選手(国際4年、73kg級)
-1回戦敗退(対戦:岡田選手〈日体大〉)

 

(3)成島選手(法学3年、73kg級)
-1回戦敗退(対戦:桐生選手〈早稲田大〉)

 

(4)関選手(国際3年、81kg級)
-1回戦勝利(対戦:林選手〈東京大〉)

-2回戦勝利(対戦:石井選手〈駒澤大〉)

-3回戦敗退(対戦:糸井選手〈国学院大〉)

 

(5)八幡選手(経済4年、90kg級)
-1回戦敗退(対戦:上田選手〈帝京科学大〉)

 

(6)渋谷選手(法学3年、100kg級)
-1回戦敗退(対戦:荒巻選手〈順天堂大〉)

 

(7)丸山選手(経済4年、100kg超級)
-1回戦勝利(対戦:熊谷選手〈東京農業大〉)

-2回戦敗退(対戦:山崎選手〈順天堂大〉)

 

(柔道部担当ライター)

 

 H26全日本関選手.jpg

 

 

 

 

写真:3回戦まで戦い抜いた関選手(国際3年)の勇姿

 

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ