亜大スポーツ亜大スポーツ

平成26年度 第47回東京と大学サッカーリーグ [1部] 最終節

10月26日(日)@亜細亜大学日の出グランド

亜細亜大学 VS東京経済大学

2-0 (1-0) (1-0)

 

前半開始から亜細亜大学が勢いよく攻め込みます。ですがなかなかゴールまで行くことができません。上手くサイドから仕掛けたりしますが点を取ることができずカウンターで東京経済大学に攻め込まれる場面が増えてくる中でなんとか先制点が欲しい亜細亜大学が前半39分右サイドから中に切り込んでドリブルを仕掛けたMF10阿川(経済学部4年)がシュートを打つが相手に防がれそのこぼれ球に反応したFW11藤田(法学部3年)がクロスを上げFW7吉光寺(経営学部3年)が頭でなかに折り返しMF17須賀[経営学部4年]が頭でゴールネットに突き刺し先制ゴール。しっかりと相手を崩し点を取ることができ前半終了。

後半開始から4年生最後の試合のため次々と4年が出てきます。後半10分FW11藤田(法学部3年)とMF8伊藤(法学部4年)がIN。後半19分MF14竹中(法学部2年)がOUTでFW12内(経済学部部4年)がIN。後28分FW7吉光寺(経営学部3年)がOUTでMF15塚越(経営学部4年)がIN。4年生が全員出てから亜細亜大学のリズムになり後半40分左サイドにスルーパスが通りそれをMF15塚越(経営学部4年)がFW12内(経済学部部4年)にどんぴしゃのクロスボールを上げて頭でしっかりと合わせて追加点!!!!そのまま試合終了。

2-0で勝利しました!そして4年生はこの試合で引退となります。関東には上がることはできませんでしたがとても充実した濃い1年間でした。4年生らしい試合が最後の最後でできとてもよかったと思います。

応援してくださった方々1年間応援ありがとうございました。

来年こそは関東目指して頑張りたいと思っています。

 

 

 

プロ野球ドラフト会議 山﨑君、薮田君が指名

23日に行われたプロ野球ドラフト会議で、硬式野球部の山﨑康晃君(経営4)が横浜DeNAベイスターズから1位指名、薮田和樹君(経営4)が広島東洋カープから2位指名を受けました。それぞれ昨年ドラフト指名を受けた嶺井捕手(DeNA)、九里投手(広島)が待つチームと契約交渉を行います。

指名後、学内で開かれた記者会見でプロ野球界への抱負を語る山﨑君と薮田君。引き続き記者会見後に放送されたテレビ番組の中継で、今まで支えてきてくれた家族への感謝の言葉を語りました。

キャンパス内ではパブリックビューイングを同時開催。会場には会議の様子を見守ろうと多くの学生が集まり、2人の指名が決まった瞬間には、大きな声援と祝福の声が上がりました。

<山﨑康晃君の一問一答=写真左>

―4年間を振り返ってどうでしたか?
秋季リーグは不甲斐ない結果となってしまったが、亜細亜大学では勉強にも野球にも取り組み、沢山学んできたことがドラフト指名へのチャンスへとつながったのだと思う。

―プロとしてどんなピッチャーになりたいですか?
ストレートと分かっていても打てないピッチャーになりたい。グラウンドで精一杯力を尽くすのが亜細亜大学のチームのモットー。プロに進んでもその気持ちを胸に頑張りたい。

―これからの長いプロ野球人生で何を目標に頑張りたいですか?
プロ野球に入ることが目標ではなく、プロとして活躍することが目標。それに向かって成長していけるようなピッチャーになりたい。

―本学OB・嶺井博希氏(横浜DeNAベイスターズ)について
大学時代日本一と言われた嶺井先輩とバッテリーを組んでいけるのが楽しみ。これからはプロとしてのピッチングをしていきたい。

<薮田和樹君の一問一答=写真右>
―広島から指名を受けたことについての感想は?
驚きしかない。地元広島の球団から指名をいただけたのは本当に嬉しい。
球団の期待に応えられるような働きをして恩返しをしていきたい。

―自分の持ち味は?
ストレート。プロになってもストレートにこだわり、これで勝負できる投手になりたい。

―大学4年間でどう成長できたと思いますか?
3、4年であまり試合に出ることができず、チームに貢献できなかった。しかし、自分には何ができるかを常に考えながら練習することができた。選手をサポートする側の立場を経験できたことも亜細亜で得たもののひとつ。不調が続き、投げられない時期が長かった分、プロでは思い切りやっていきたい。

尚、OB・飯田哲矢氏が6位で広島東洋カープに指名されました。

「亜大スポーツ」リニューアルのお知らせ

この度、「亜大スポーツ」をリニューアルしました。

・スマートフォンからの閲覧を最適化しました。
・「カテゴリ」が見やすい位置に移動しました。
・「アーカイブ」が見やすいようにレイアウト変更いたしました。

リニューアルに伴い、本ブログのURLが以下のようになります。
ブックマーク等されている方は、変更をお願いいたします。
【新URL】 http://www.asia-u.ac.jp/asu_sports/index.html

引き続き、亜細亜大学のスポーツ情報を発信してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
※なお、本リニューアルに伴い、コメント機能は運用停止いたします。ご了承ください。

箱根駅伝は本大会出場ならず

b.jpg 10月18日、「第91回東京箱根間往復大学駅伝競走」の予選会が、東京立川市の陸上自衛隊立川駐屯地、国営昭和記念公園の20キロコースで行われました。

 今大会は、大会出場校10枠をかけて、48大学が競いました。

 各校から最大12名が走り、上位10名のタイムを合計する予選会。本学は5年ぶりの本大会出場を目指しましたが、総合タイム10時間35分49秒で20位となり、残念ながら本大会への出場はなりませんでした。
a.jpg
 ご声援ありがとうございました。

 
 

東京大学サッカーリーグ戦 第16節

10月12日(日)@立正大学熊谷キャンパスサッカー場

 

亜細亜大学 VS 立正大学

4-3 (1-2) (3-1)

前半開始20分ペナルティーエリア付近で立正大学からファウルをもらいFW10阿川(経済学部4年)がフリーキックで的確にゴールに突き刺し先制した。

その後も勢いに乗って攻め込むがなかなかゴールを奪うことができず24分立正大学が右サイドから上げたクロスボールを立正大学のFWにボレーで決められ同点弾を決められる。失点後、立正大学ペースに持ち込まれそれを修正できずに45分に立正大学のMFが中に切り込んできて左サイドから上がってきたMFに華麗に決められ失点。前半終了間際に逆転ゴールを許してしまった。

後半が始まり、亜細亜大学が怒涛の攻撃をみせた。後半22分亜細亜大学のコーナーキックから立正大学のDFに弾かれたセカンドボールを拾い再び上げたセンタリングをDF3星野(経済学部3年)が頭で押し込み同点弾。立て続けに23分亜細亜大学の左サイドのスローインから裏に抜け出し、サイドからのクロスにMF11藤田(法学部3年)がボレーで鮮やかにゴールネットを揺らし逆転ゴール。さらに25分裏に抜け出したFW34小川(法学部1年)が立正大学のDFをかわししっかりゴールにシュートし4点目を決めた。立正大学も完全に集中力がきれたと思いきや後半40分左サイドから華麗なパスで崩され失点。

試合終了。しっかり勝ち点3をとることができました。

 

 

次節、10月19日(日)

VS朝鮮大学

@亜細亜大学日の出グランド

 

ラスト2節絶対に落とせない試合が続くのでご声援のほどよろしくお願いします。一人でも多くの方のご来場を選手・スタッフ一同心よりお待ちしております!

箱根駅伝予選会は10月18日(土)、エントリーメンバー発表

本戦出場をかけ、チーム一丸となって挑む「第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」が、10月18日(土)9時35分に号砲となります。
 
予選会当日はゴールへ向かって懸命に走る選手たちに温かいご声援をお願いいたします。
----------
第90回 東京箱根間往復大学駅伝競走予選会
▼期日
 2014年10月18日(土)午前9時35分スタート
▼会場
 陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園20kmコース
>詳細は「箱根駅伝公式Webサイト」をご覧ください。
----------
競技中、選手の背中を押すのは沿道の皆様からのエールです。予選会では是非、選手の名前を呼びかけ、応援ください!!
ここでは予選会にエントリーされた選手14名を紹介します。
 
<選手プロフィール>
ゼッケンナンバー/氏名/学部/学年/出身高校/自己ベスト(10000m)
 
183.jpg 184.jpg
△写真左=「183」 山本 学(法4・高知・高知農業高卒) 30分03秒71
△写真右=「184」 田口 拓美(法4・埼玉・埼玉栄高卒) 30分01秒19
 
185.jpg 186.jpg
△写左=「185」 藤田 司(国際関係4・沖縄・コザ高卒) 30分18秒33
写真=「186」 村川 恵太 (4・長崎・松浦高卒) 29分36秒34
 
187.jpg 188.jpg
写真=「187」 山本 和磨 (4・福岡・大牟田高卒) 30分50秒00
写真=「188」 佐久間 祥 (3・福島・日大東北高卒) 29分26秒37
 
189.jpg 190.jpg
写真=「189」 田村 惇 (3・千葉・専大松戸高卒) 31分17秒87
写真=「190」 丸尾 尚史 (法3・北海道・北海道大谷室蘭高卒) 30分06秒72
 
191.jpg 192.JPG
写真=「191」 渡邊 晋史 (3・福島・日大東北高卒) 30分11秒06
写真「192」 工藤 隼人 (2・青森・黒石高卒) 30分12秒46
 
193.jpg 194.jpg
写真193」 関口 海月 (2・沖縄・北山高卒) 29分55秒25
写真=「194」 矢後 健太 (2・新潟・五泉高卒) 30分35秒80
 
195.jpg 196.jpg
写真「195」 吉田 豊 (2・埼玉・武蔵越生高卒) 30分21秒18
写真=「196」 加藤 風磨 (1・埼玉・武蔵越生高卒) 30分48秒70
 
 

東京都大学サッカーリーグ 後期リーグ戦

第10節vs明治学院大学

1ー2
負け
 
第11節vs国学院大学
2ー2
引き分け
 
第12節vs成蹊大学
2ー1
勝ち
 
第13節vs大東文化大学
2ー1
勝ち
 
第14節vs東京大学
1ー1
引き分け

勝ち点2を奪取

東都大学野球秋季リーグ戦は、第5週までを終了。10月3日に行われた対青山学院大3回戦に延長戦の末、4対2で接戦を制し、勝ち点を2としました。
10月8日(水)からの対駒澤大学戦が、7連覇をかけた今季の山場となります。皆様のご声援をよろしくお願いします。

------------------
亜細亜 100 100 000 02  | 4 
青学大 001 100 000 00 | 2
------------------

▼対駒沢大
1回戦 10月8日(水) 10時30分〜
2回戦 10月9日(木) 13時〜

------------------------------------------------
天候等の事情により日程変更の場合がありますので、最新の情報は東都大学野球連盟ホームページでご確認ください。
-----------------------------------------------

リーグ戦最終結果<バレーボール部>

東京経済大学、東京農業大学と試合を行いました。

どちらの試合もストレートで勝つ事ができましたが、最終結果は8位でした。

これから気持ちを切り替え、冬の関西での全日本インカレへ向け、がんばっていきます!

亜細亜大学 対 東京経済大学

       25-11

       25-15

       28-26

亜細亜大学 対 東京農業大学

       25-18

       25-19

       25-18

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ