亜大スポーツ亜大スポーツ

第90回記念大会橋本総業全日本テニス選手権出場選手紹介

こんにちは。アジア女子ローンテニス部です。

第90回記念大会橋本総業全日本テニス選手権についてご連絡させて頂きます。

この度第90回記念大会橋本総業全日本テニス選手権に松本千広(経済4)、八島ちひろ(法4)、山口真琴(法1)が出場することになりました。松本選手は女子シングルスの予選に、八島選手は女子ダブルスの本戦に、山口選手は女子シングルス、ダブルスの本戦に出場します。

▼期日
 予選 10月29日(木)〜10月31日(土)
 本戦 10月31日(土)〜11月8日(日)

▼会場
 有明コロシアム及び有明テニスの森テニスコート

今大会は日本のテニスの最高峰の大会となっております。ぜひ会場まで足を運んでご声援の程よろしくお願い致します。

閉会式で5選手が表彰―東都大学野球秋季リーグ

閉会式で表彰を受ける5選手

本日、東都大学野球秋季リーグ戦が全日程を終了し、閉会式が行われました。閉会式では、以下の選手が表彰を受けました。
 
▽首位打者 法兼駿君(経営4) 打率 0.471
▽最高殊勲選手 遠藤雅洋君(経営4)
▽最優秀投手 石塚賢次君(経営4)

▽ベストナイン
投手:石塚賢次君(初)
一塁手:遠藤雅洋君(2度目)
二塁手:法兼駿君(初)
三塁手:藤岡裕大君(3度目)
外野手:板山祐太郎君(3度目)

3季ぶり―東都大学野球秋季リーグ戦優勝

桝沢君が同点打

本日神宮球場で行われた東都大学野球秋季リーグ戦、最終戦となる対國學院大3回戦は優勝を決する一戦となりました。
2点を先制されるも5点を奪い逆転。5対2で本学が勝利し、3季ぶり24度目のリーグ優勝を果たしました。


-----------
國學院大 001 100 000|2
亜細亜大 000 004 01X|5
-----------
今季の東都大学リーグ戦は勝ち点3が4校、これを追う國學院大が勝ち点2と終盤まで大混戦。文字通り戦国東都の様相で最終週を迎えました。これまで本学が8勝5敗、國學院大が6勝4敗で臨んだ同試合、勝った方が優勝という一戦は、白熱した好ゲームとなりました。

國學院大は3回、4回に2点を先制。本学は5回まで得点することができないまま、2-0と國學院大リードのまま進みます。

6回裏、1番藤岡裕大君(経営4)がレフト方向への二塁打で出塁すると、法兼駿君(経営3)が犠打で送り、北村祥治君(経営4)のスクイズで1点を奪うと、さらに送球エラーと四球で1死一、二塁とします。続く6番の代打桝澤怜君(経営4)の適時打で1点を追加し同点に。
2死満塁となってからも8番宗接君がレフト方向へ2点適時打を放ち、この回で一気に4点を奪い逆転します。

8回裏には四球、犠打の後、桝澤君の二塁適時打で1点を追加。「勝った方が優勝」というプレッシャーの中で、前半は相手にリードを許すも、最後は3点差をつけての勝利となりました。

投手陣は石塚賢次君(経営4)が4回を、諏訪洸君(経営3)が4回1/3を失点0に押さえ、最後は花城 直君(経営4)が、2者を仕留めてゲームセット。

この優勝により、本学は11月に開催される「第46回明治神宮野球大会」に出場することとなりました。
本学初戦は11月15日(日)13時30分からの予定です。

引き続き、応援の程、よろしくお願いいたします。

3季ぶりの優勝なるか-東都大学野球

▲初回にツーランを放つ遠藤君

東都大学野球秋季リーグ戦、対中央大2回戦が10月20日に行われ、本学硬式野球部は7対1で勝利し、勝ち点3としました。

優勝争いに残る大事な一戦となった試合は、初回に遠藤雅洋君(経営4)のツーランホームランなどで3点を奪ってはじまりました。その後も3回、7回、8回と得点を重ね、打っては4本のホームラン、守りも失策0の1失点で勝利しました。

今季はここまで、春季優勝の専修大学に1勝2敗で勝ち点を逃すも、以降はしぶとく勝ち点を挙げてきました。未消化試合として残る國學院大戦に勝利すれば、3季ぶりの優勝となります。

優勝を決する対國學院大戦は10月27日(火)、10時から1塁側後攻です。

皆様の応援をお願いいたします。

ドラフト会議2015 板山君が阪神タイガースから指名

22日に行われたプロ野球ドラフト会議で、硬式野球部の板山祐太郎君(経済4)が阪神タイガースから6位指名を受けました。学内には取材陣のほか多くの学生が指名の瞬間を見守るために集まりました。

<板山祐太郎君の一問一答>

―指名された時のお気持ちは?
「驚いた」というのが一番です。
自分自身、指名されるかどうかギリギリだと思っていたこともあり、正直まだ実感がありません。

―指名された阪神タイガースについてどのような印象をお持ちですか?
ファンの方々も熱く、チームも勝負強い印象です。
体の強さに関しては自信を持っているので、練習を重ねていきたいです。

―どんな選手になっていきたいですか?
走・攻・守の3拍子が揃った選手になりたい。
金本監督もトリプル3を達成している選手なので、監督を目標に頑張りたいです。

―今後の目標は?
結果がすべての世界だと思っています。自分はまだまだ力不足なので、時間がかかってもしっかり力をつけて、一軍で長く活躍できる選手になりたいです。

秋季リーグ戦最終結果

こんにちは。バレーボール部です。

先週末で、秋季リーグ戦が終わりました。
秋季リーグ戦最後の相手は、青山学院大学でした。
4年生の集大成となった秋季リーグ。チーム一丸となって、挑みました。

第1セット、サーブで崩すことが出来ず、相手に思うように攻撃され、第1セットを取られてしまいました。
第2セットは、終盤で相手を突き放して、取ることが出来ました。
第3セットは、流れを自分たちの方に持ってこれずに、取られてしまいました。
第4セット、終始競る展開となりましたが、最後は相手がミスをし、取りました。
最終セット、序盤競るものの、終盤で相手に突き放され、負けてしまいました。

今回、9位という残念な結果に終わってしまいました。
この秋季リーグ戦で見つかった課題を修正して、次の全日本インカレでは良い成績が出せるよう部員一同練習に励みますので、応援の程、よろしくお願い致します。

応援に来て下さった皆様、ご声援ありがとうございました。
また、12月1日から全日本インカレが始まります。今年は東京で行われるので、お時間のある方は応援よろしくお願いいたします。

10月17日 対 青山学院大学
亜細亜大学 21-25 青山学院大学
      25-20
      21-25
      26-24
      12-15

【最終結果】
第1位 中央学院大学
第2位 日本大学
第3位 大東文化大学
第4位 慶應義塾大学
第5位 国際武道大学
第6位 青山学院大学
第7位 山梨大学
第8位 宇都宮大学
第9位 亜細亜大学
第10位 桜美林大学
第11位 立正大学
第12位 平成国際大学

第92回箱根駅伝本選出場ならず(10/17)

△本学トップでゴールした工藤隼人君(法3)

10月17日、「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走」の予選会が、東京立川市の陸上自衛隊立川駐屯地、国営昭和記念公園の20キロコースで行われました。

各校最大12名が走り、上位10名の合計タイムを競う予選会。本学は6年ぶりの本大会出場を目指しましたが、総合タイム10時間18分48秒で16位となり、残念ながら本大会への出場はなりませんでした。
しかし個人の成績では、工藤隼人君(法3)が60分14秒、加藤風磨君(法2)が60分30秒と好記録。また、10名の合計タイムを昨年よりも17分縮め、来年度の予選会に繋がる走りを見せました。

ご声援ありがとうございました。

箱根駅伝予選会は10月17日(土)

本戦出場をかけ、チーム一丸となって挑む「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」が、10月17日(土)9時35分に号砲となります。
 
----------
第92回 東京箱根間往復大学駅伝競走予選会
▼期日
2015年10月17日(土)午前9時35分スタート
▼会場
陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園20kmコース
----------
競技中は皆様の応援が選手の大きな励みになると同時に、大きな力となります。

予選会当日はゴールへ向かって懸命に走る選手たちに温かいご声援をお願いいたします。

<エントリー選手プロフィール>
ゼッケンナンバー/氏名/学部/学年/出身高校/自己ベスト(10000m、※=5000m
【267】 石井 龍麻(法4・岡山・関西高卒)31分11秒9
【268】 佐久間 祥(法4・福島・日大東北高卒)29分09秒6
【269 田村 惇 (法4・千葉・専大松戸高卒)30分32秒8
【270 丸尾 尚史(法4・北海道・北海道大谷室蘭高卒)29分42秒
【271 渡邊 晋史(法4・福島・日大東北高卒)29分37秒
【272 工藤 隼人(法3・青森・黒石高卒)29分36秒9
【273 関口 海月(法3・沖縄・北山高卒)29分55秒3
【274】 谷本 啓嗣(法3・岡山・玉野光南高卒)31分14秒1
【275 加藤 風磨(法2・埼玉・武蔵越生高卒)29分56秒4
【276 今関 拳人(経営2・静岡・加藤学園高卒)30分59秒2
【277 須佐 郁也(法2・埼玉・大宮南高卒)31分04秒6
【278】 服部 純哉(法2・埼玉・坂戸西高卒)14分45秒5※
【279 梅本 龍太(法1・熊本・熊本工高卒)31分05秒6
【280】 古川 舜 (法1・埼玉・春日部東高卒)31分45秒
 

アジア女子ローンテニス部 平成27年度関東大学テニスリーグ女子結果

こんにちは。アジア女子ローンテニス部です。
 
平成27年度関東大学テニスリーグ女子1部の結果を掲載させて頂きます。
 
今年度は主将松本を筆頭に1年間力をつけてきました。1部リーグでは1戦目山梨学院大学に1-6で負けてしまってから、2戦目早稲田大学、3戦目専修大学、4戦目筑波大学と3-4で惜敗してしまいましたが、最終戦1部リーグ優勝の慶應義塾大学に5-2で勝利し部全体に勢いをつけ入れ替え戦に臨む事が出来ました。入れ替え戦は明治大学と戦い、ダブルスでどちらが勝ってもおかしくない厳しい戦いが行われましたが、亜細亜大学が2勝上げることが出来たことによりシングルスにも勢いが生まれ結果7-0で1部残留を決める事が出来ました。会場には多くのOB、OGの方を始めとし、家族の方やスタッフの方のご声援がありこの勝利も手にする事が出来ました。ご声援ありがとうございました。
来年度は慶應義塾大学、早稲田大学、山梨学院大学、専修大学、筑波大学、亜細亜大学の6校で1部リーグが行われます。新主将旗手を筆頭に1部優勝、王座優勝を目指し1年間準備をしていきますのでご声援の程よろしくお願い致します。

<平成27年度関東大学テニスリーグ女子1部2部入替戦>
日程:2015年10月4日(日)
場所:亜細亜大学日の出キャンパステニスコート
時間:10:00〜17:30

◯亜細亜大学(1部第6位) 7-0 明治大学(2部第1位)
<ダブルス>
 No.1◯松本千広 (済4/幕張総合高校出身) ・楚南美波 (済1/沖縄尚学高校出身) 2-6,6-4,6-2 森・佐野
 No.2◯田中文彩 (法2/津島東高校出身)・中沢夏帆 (済1/藤城高校出身) 6-2,4-6,6-0 井上・福田
<シングルス>
 No.1◯松本千広 (済4/幕張総合高校出身) 6-2,6-2 福田志帆
 No.2◯山藤彩香 (法3/野田学園高校出身) 6-4,2-6,6-4 佐野真代
 No.3◯髙橋玲奈(法1/宮崎商業高校出身) 7-6(1),4-6,7-5 齋藤佳帆
 No.4◯田中文彩 (法2/津島東高校出身) 1-6,6-1,6-1 森美咲
 No.5◯山口真琴 (法1/九州文化高校出身) 6-0,7-5 熊谷ひかる

☆平成27年度関東大学テニスリーグ結果
<関東大学テニスリーグ女子1部> 第6位(1勝4敗)
第1戦 平成27年8月27日(木)          亜細亜大学 1-6 山梨学院大学◯  有明テニスの森
第2戦 平成27年8月30日(日)          亜細亜大学 3-4 早稲田大学◯   有明テニスの森 
第3戦 平成27年9月2日(水)/3日(木)       亜細亜大学 3-4 筑波大学◯    有明テニスの森 
第4戦 平成27年9月5日(土)            亜細亜大学 3-4 専修大学◯    有明テニスの森 
第5戦 平成27年9月8日(火)/9日(水)/11日(金)  ◯亜細亜大学 5-2 慶應義塾大学  有明テニスの森/筑波大学キャンパステニスコート

男子硬式庭球部 平成27年度関東大学テニスリーグ男子結果

こんにちは。男子硬式庭球部です。
 
平成27年度関東大学テニスリーグ男子の結果を掲載させて頂きます。
 
今年度は主将仲村を筆頭に去年の2部残留という無念を晴らすために1年間力をつけてきました。2部リーグでの厳しい戦いを勝ち抜き1部との入れ替え戦、日本大学戦に臨むことが出来ました。入れ替え戦では多くの試合がファイナルセットに入りどちらが勝ってもおかしくないような状況が続きましたが、見事亜細亜大学が6-3で1部昇格を果たす事が出来ました。この勝利も日頃応援してくださったOB、OGの方々を始めスタッフの方々、家族の支えがあって手にした1部昇格でした。
来年度は1部リーグで早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、法政大学、中央大学、亜細亜大学の6校で試合が行われます。1部リーグ優勝、王座優勝を目指し新主将土居を筆頭に1年間準備をしていきますので、ご声援の程よろしくお願い致します。

<平成27年度関東大学テニスリーグ男子1部2部入替戦>
日程:2015年10月3日(土)
場所:日本大学生物資源科学部テニスコート
時間:9:00〜17:00

日本大学(1部第6位) 3-6 亜細亜大学(2部第1位)◯

<ダブルス>
No.3 ◯田村亮 (法4/高知中央高校出身)・恒松拓未 (法2/大成高校出身) 4-6.6-4.6-3 吉田・神房
No.2 ◯田中亮寛 (国際2/湘南工科大学附属高校出身)・西岡靖雄(法4/四日市工業高校) 6-4.1-6.6-1 我謝・細田
No.1  仲村元希 (経済4/大阪産業大学附属高校出身)・橋本大貴 (経済2/秀明英光高校出身) 5-7.6-1.4-6 及川・白井◯

<シングルス>
No.6  秋山和潤 (国4/麗澤瑞浪高校出身) 2-6.6-7(1) 竹内聡有◯
No.5 ◯恒松拓未 (法2/大成高校出身) 3-6.6-1.6-2 松本太一
No.4 ◯橋本大貴 (経済2/秀明英光高校出身) 7-6(3).4-6.6-1 細田凱
No.3  仲村元希 (経済4/大阪産業大学附属高校出身) 3-6.3-6 及川生来◯
No.2 ◯大塚陽平 (経済3/秀明栄光高校出身) 6-0.6-0 井上雷都
No.1 ◯田中亮寛 (国2/湘南工科大学付属高校出身) 6-2.6-0 白井裕都

<関東大学テニスリーグ男子2部> 優勝(5勝0敗)
第1戦 平成27年8月29日(土)              ◯亜細亜大学 8-1 上武大学   日の出キャンパス  
第2戦 平成27年9月1日(火)/2日(水)      ◯亜細亜大学 9-0 駒澤大学   日の出キャンパス 
第3戦 平成27年9月4日(金)           ◯亜細亜大学 6-3 青山学院大学 日の出キャンパス 
第4戦 平成27年9月7日(月)/8日(火)/9日(水) ◯亜細亜大学 6-3 筑波大学   筑波大学キャンパス/昭和の森インドアテニスコート
第5戦 平成27年9月13日(日)         ◯亜細亜大学 5-4 専修大学   専修大学伊勢原キャンパステニスコート 
 

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ