亜大スポーツ亜大スポーツ

陸上競技部・佐藤監督 中学校で講演

 陸上競技部の佐藤信之監督が、日の出町立大久野中学校で、10月22日に講演と実技指導を行いました。これは、同校がマラソンに力を入れており、生徒たちが大学の陸上競技や選手に触れて、技術や意識の向上につながればと本学が依頼を受け実現したもの。 講演後は、グラウンドで、ウォーミングアップやフォームの確認、またスピード強化の練習として、本学陸上競技部員とのリレー対決も行いました。陸上部員も熱心に指導し、本学の日の出グランドにも足を運んでほしいと呼び掛けました。

明治神宮野球大会2年ぶり5回目の優勝

延長14回、息詰まる投手戦を制し優勝―

早稲田大学との明治神宮野球大会決勝戦が行われ、2対1で本学が勝利、見事2年ぶり5回目の優勝を掴みました。

1対1の同点で迎えた延長13回裏、1死一・三塁…打順はクリーンアップを迎えます。サヨナラ負けが頭をよぎる大ピンチの中、生田監督がマウンドへ送ったのは花城直君(経営4)。昨年5月に診断された難病「黄色じん帯骨化症」を乗り越え、力強い投球で無失点に抑えました。

「最後に花城が投げれば、どんな結果が出ても、みんなが納得する」。
生田監督に迷いはありませんでした。

花城君は最初の打者には四球を与え、1死満塁で四番打者と勝負。1塁手の守備位置を見て「打球があそこへ飛べば大丈夫だ」と、低めに鋭く落ちるスプリットを投げ込みました。打球は狙ったとおり、1塁手のミットへ収まり、ホームゲッツー。わずか9球で最大のピンチを脱しました。

亜大の底力を見せ、チームに勢いがついた14回表、本学は2死3塁から相手投手の暴投で1点を奪い、その裏も花城君が抑えて2対1で試合終了。明治大学、駒澤大学と並び最多となる神宮大会5回目の優勝となりました。

===試合結果===
亜細亜 000|000|100|000|01◆2
早稲田 000|100|000|000|00◆1

明治神宮野球大会-逆転勝利で決勝戦へ

逆転の打球はスタンドに

明治神宮野球大会の第2戦は、関東5連盟第1代表の東海大戦でした。

堅守により無失点で進んだ試合ですが、5回表にツーランホームランで2点を先取されます。

その2点を追っての6回裏、桝澤怜君(経営4)のタイムリーヒットで1点を返して反撃。しかし7回表に1点を失い再び2点差に。

7回裏、代打の長谷川頌麿君(経営4)が初球打ちでホームラン。再び1点差にします。ツーアウト満塁となり逆転まであと一歩まで詰め寄るも、この回は1点止まり。

8回裏、ツーアウトから宗接唯人君(経営3)がレフトへのヒットで出塁、代走山下翼君(経営4)が盗塁しチャンスを作ると、代打で打席に立った9番代打水本 弦君(経営3)の打球はライトスタンドに飛び込む逆転ホームラン。4対3と逆転しました。

最終回は花城 直君(経営4)が抑えて勝利しました。

明日は東京六大学野球連盟代表の早稲田大との決勝戦です。

明治神宮野球大会初戦に勝利

先制のホームを踏む板山君

11月15日に行われた明治神宮野球大会第1戦、対立命館大戦は2対1で勝利しました。

好投手を擁する立命館大との一戦は、2回表の板山祐太郎君(経済4)の幸運なヒットの後、丸山高明君(法4)のタイムリーで1点先取。続く宗接君のヒットで追加点を取り2点を先制。

その後は5回に一点を失うも、5回を投げた石塚賢次君(経営4)の後を受けた諏訪洸君(経営3)が好投、最後は花城 直君(経営4)が二者で抑え追撃を許しませんでした。

次の試合は11月17日(火)16時から予定されています。
 

バスケットボール部が4部に昇格

9月5日から11月8日に行われました、第91回関東大学バスケットボールリーグ戦で、4部へ昇格することができました。以下大会結果の詳細をお知らせします。

=========================
★5部渋谷Aブロック (5戦全勝)
9.6  対東京未来大学 〇20-0 不戦勝
9.26 対東京歯科大学 〇84-59
9.27 対高千穂大学  〇113-77
10.4 対立正大学   〇93-53
10.10対東京都市大学 〇65-42

★5部渋谷Aブロック:ブロック順位決定戦 (2戦2勝)
10.11対立正大学 〇77-55
10.18対東京都市大学 〇59-58
==========================

7戦全勝となり、5部他ブロックの1位・2位の大学との
5部入れ替え戦決定トーナメントへ進みました。

==========================
★5部入れ替え戦決定トーナメント
10.24 1回戦:中央学院大学 〇87-56
10.25 2回戦:獨協大学 ×67-75
この結果、同トーナメント5位~8位決定戦へ進みました。

11.4 電気通信大学  〇93-64
11.7 創価大学  〇93-73
==========================

最終順位は5部5位(53校中)となり、4部20位校との
入れ替え戦へ進みました。

===========================
★第91回入れ替え戦

11.8 武蔵大学(4部20位) 〇74-64
===========================

4部昇格

===========================
皆様のご声援ありがとうございました。

昨年同時期に5部に降格しました。その時の悔しさをバネに1年間練習を重ね、4部昇格を叶えることが出来ました。
次は来年の3部昇格を目標に練習を始めます。

今後ともバスケットボール部へのご声援をお願いします。

阪神タイガースが板山君指名のあいさつに来学

先月のドラフト会議で、阪神タイガースから6位指名を受けた板山祐太郎君が、11月2日に学内で、球団から指名のあいさつを受けました。

その席では今後の予定も伝えられ、入団発表予定日や新人の合同自主トレーニングなど、具体的なスケジュールを聞き、板山君は目を輝かせました。

その後、スポーツ新聞の記者から取材を受け、「ヒットも長打も打てる金本監督のような選手になりたいです」と目標を語りました。
 
コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ