亜大スポーツ亜大スポーツ

「第52回都下大学剣道大会」で団体戦3位

西東京地区の大学20校が競う「第52回都下大学剣道大会」が12月6日、都内で開催され、本学剣道部が団体戦3位に入賞。個人戦でも新主将の龍崎豪君(経済3)が3位の成績を収めました。

3年生率いる新体制で臨んだ同大会では、首都大学東京との2回戦が初戦。4勝0敗3分で勝ち越しました。
続く桜美林大との3回戦も5勝0敗2分で、相手校に1勝もさせない試合となりましたが、帝京大との準決勝で惜しくも敗退となりました。

今回の結果について、「新体制で良いスタートを切ることができた」と龍崎君。「本当の勝負どころは1年後の関東学生剣道大会。団体・個人共に今回の結果に満足せずに、練習を重ねたい」と語りました。

男子団体戦結果は次のとおりです。
一回戦 シード

二回戦
亜細亜大学4(7)ー首都大0(2)
棚橋 × 荻野
白石メメ ー メ小川
平尾ド ー 直江
西川メメ ー 伴
梅林メ ー コ正木
林 メ ー 大島
龍崎 × 圡田

三回戦
亜細亜大学5(8)ー桜美林大0(0)
棚橋 × 大塚
白石メメ ー 水渕
平尾ド ー 小澤
西川メ ー 水石
梅林メメ ー 正木
林 × 森末
龍崎メコ ー 松本

準決勝
亜細亜大学1(5)ー帝京大6(12)
棚橋コ ー 織戸
白石メ ー メメ坂本
平尾 ー コメ中川
西川メ ー メコ佐々木
梅林メ ー コド小林
林 メ ー ココ高井
龍崎 ー メメ木屋

自動車部が優勝祝賀会を開催

 関東学生対抗軽自動車6時間耐久レース(10月12日)に優勝した自動車部の祝賀会が、12月5日にASIA PLAZAで開催されました。
 会場には、現役自動車部員はもちろん、同部の卒業生もお祝いに駆け付けました。およそ2時間、レースを振り返りながら、学生と卒業生の交流が図られ、祝賀会は、終始なごやかな雰囲気で執り行われました。

第68回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 結果

こんにちは。男子バレーボール部です。

12月1日から大田区総合体育館で、
第68回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会が開催されました。


12月1日、グループ戦最初の相手は、神戸学院大学です。
第1セット、序盤から流れを掴み、相手を一気に突き放しました。
そして最後まで行き、第1セットを取りました。
第2セットは、相手に序盤で突き放され、その点差が縮まらず第2セットは取られてしまいました。
第3セットは競ってはいたものの、チーム力で第3セットを取り、勝利しました。

12月2日、グループ戦の次の相手は東北学院大学です。
第1セットは、自分たちの実力を見せつけ、相手を寄せ付けず第1セットを取りました。
第2セット、相手に合わせてしまい序盤から一進一退の攻防となりました。
しかし、終盤で相手に流れを掴まれ、取られてしまいました。
第3セットも一進一退の攻防となりました。しかし、終盤にミスが出てしまい、
相手に突き放されて取られ、負けてしまいました。

12月3日、決勝トーナメント一回戦の相手は愛知学院大学です。
第1セットは、デュースにまでもつれ込む接戦となりました。
しかし、相手に振り切られ、取られてしまいました。
第2セットは、序盤からリードを奪う展開となりました。
終盤に少し追いつかれたものの、そのまま第2セットを取りました。
第3セットは、終盤まで接戦でしたが、最後に相手の攻撃を止めることが出来ず、
負けてしまいました。

結果は悔しいものとなりましたが、
今大会から新体制となり、これまで以上に練習に励んでいます。
次の春リーグに向けて目標を1部昇格とし、部員一同練習に取り組みますので、
応援の程よろしくお願いします。

最後に応援してくださった皆様へ
心より感謝申し上げます。

試合結果
亜細亜大学 対 神戸学院大学
     25-12
     23-25
     25-14

      対 東北学院大学
     25-18
     22-25
     20-25

      対 愛知学院大学
     26-28
     25-20
     20-25

2回目のフォーミュラレース出場で金澤君が2位

△表彰台に上がる金澤君(左)

レーシングマシン「フォーミュラカー」によるレース「JAF筑波スーパーFJ選手権シリーズ」が11月22日に行われ、経営学部1年の金澤力也君が2位でゴールし表彰台に上がりました。

金澤君のフォーミュラレース出場は2回目。来年に向けての力試しで臨んだレースでしたが、ただ一人58秒台に入れる58秒802と、2戦目とは思えない速さで予選を一位通過し、ポールポジションを獲得しました。

決勝では、スタート時のホイールスピンで4位まで後退するも、一台ずつ差を縮め、5周目で2位まで浮上。トップとの差0.4秒まで詰める粘りを見せましたが、惜しくも2位でレース終了となりました。

「レースは団体戦。入賞はドライバーだけの力で叶うものではありません」と金澤君。ドライバーのテクニックも大切ですが、マシンのセットを行うメカニックやスポンサーの存在がレーシングカーを勝利へ導くのだといいます。

「今回乗ったのはZAP F109という開発車両でしたが、その車両で初のポールポジション獲得ドライバーになることができたことが何よりも嬉しい」と喜びを語ります。

2016年は11レースに出場予定の金澤君。「全戦優勝を目指して経験を積んでいきたい」と抱負を語りました。

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ