亜大スポーツ亜大スポーツ

全日本セパタクロー選手権大会で今中氏が優勝

▲今中氏(写真左)はトスを上げるトサーとして力を発揮

本学職員の今中明夫氏が、12月19日、20日に開催された「第26回全日本セパタクロー選手権大会」(会場=駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)男子の部で優勝。エントリーのあった60チームの頂点に輝きました。

今中氏は学生時代から本学セパタクロー部に所属、セパタク歴は現在9年目。仕事と両立し、かつて学生時代に何度も対戦したライバルたちと、今ではチームメイトとして一緒にプレーする機会も多く、今回の出場に至りました。

今中氏のメダル獲得は大学2年の全日本セパタクローオープン選手権大会での銅メダル以来7年ぶりのこと。「学生時代からセパタクローでつながっていた仲間のおかげで、9年目にして初優勝を経験することができた」と喜びを語りました。

硬式野球部が野球教室開催

1月10日、日の出グランドで、硬式野球部の主催による西多摩近隣リトルシニアリーグ野球教室を、晴天の中、開催しました。

野球教室には硬式野球部の練習場のある日の出町近隣の中学生硬式野球5チーム、およそ200名が参加しました。
開始時間を前倒しにして始まった練習は、グランドは打撃、サブグランドはバッテリーが、サッカー場では守備練習が行われ、参加者は硬式野球部員とともに厳しい練習に取り組みました。

参加者からは、早くも来年の開催を期待する声も聞かれるなど、好評でした。

第92回箱根駅伝:工藤君が5区を力走

1月2日に幕を開けた「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走」で、本学の工藤隼人君(法3)が関東学生連合チームメンバーとして高低差約860メートルの5区を走り抜きました。

小田原中継所で襷を受け取った工藤君は、芦ノ湖ゴール(往路)までを1時間23分55秒で力走。トップと13分5秒差でゴールしました。

温かいご声援をありがとうございました。

第92回箱根駅伝:工藤君が5区にエントリー

明日、1月2日(土)から開催される「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走」で、関東学生連合チームの代表として本学の工藤隼人君(法3)が5区に出場します。
明日は学生連合チームとして、本学のユニフォームで出場します。

ぜひ沿道でテレビの前で、皆さまのご声援を宜しくお願いいたします。

 
▽第92回東京箱根間往復駅伝競走
1/2(土) 往路
関東学生連合チーム
5区エントリー 工藤隼人君(法3)

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ