亜大スポーツ亜大スポーツ

第53回東京オープンテニス選手権大会(4/16)

髙橋玲奈(法学3年)・楚南美波(経済3年)組がダブルス初優勝!

アジア女子ローンテニス部です。
 
本日、第53回東京オープンテニス選手権大会女子ダブルス決勝戦が、5月1日から開催される大一番、関東大学テニストーナメント大会(全日本学生関東地区選考大会)を前に同じ会場である有明テニスの森で行われました。

プロも出場する今大会、女子ダブルスにて本学の高橋玲奈(法学3/宮崎商業高校出身)・楚南美波(経済3/沖縄商業高校出身)が予選を勝ち上がり本戦でも4回勝ち抜き、決勝戦は大会第2シード、日本ランキング41位と58位の大矢希・細沼千紗(早稲田大学)を6-3,1-6,10-8と競り勝ち初優勝。

実は、昨年もテニス部現キャプテンの田中文彩(法学4/津島東高校出身)が古川鈴夏(筑波大学)と組んで優勝しています。亜細亜大学としての2連覇達成です。

そして、いよいよ来月1日から始まる、関東学生(有明テニスの森)でしっかりと勝ち進めるように頑張ります。

皆様、ゴールデンウィークの最中ではありますが、是非会場まで足をお運び頂き、応援をよろしくお願いいたします。

亜細亜大学 学生センタースポーツ振興課 
テニス部コーチ 森 稔詞

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ