亜大スポーツ亜大スポーツ

7/6 ホクレン・ディスタンスチャレンジ深川大会のお知らせ

陸上競技部です。

 
7月6日、北海道深川市で行われますホクレン・ディスタンスチャレンジ深川大会に4名の選手が参加致します。

 

先日の世田谷記録会5000mで自己新をマークしました米井翔也選手、田崎聖良選手、森木優摩選手に加え、関東インカレ3000mSCで4位入賞しました上土井選手が出場します。

 

毎年、この時期の開催されるホクレン・ディスタンスチャレンジは士別大会・深川大会・北見大会・網走大会の4戦行われています。

日本トップレベルの実業団選手や大学生が集まり、好記録が期待される大会となっております。
昨年は、北見大会で関口海月(当時法学部4年・現旭化成所属)が5000mで13分55秒28の好記録を出しました。

本州よりも湿度が低く、走るコンディションが良い北海道の地で自己新記録を出せるよう最善を尽くします。

 

御声援の程、宜しくお願い致します。

 

<ホクレン・ディスタンスチャレンジ深川大会>

 

日時 2017年7月6日(木) 16:50スタート

 

種目 10000m(D組)

 

本校出場選手

・米井翔也(法学部3年・東京都私立東京高出身)

・上土井雅大(法学部2年・福岡県私立純真高出身)

・田崎聖良(法学部2年・茨城県私立水城高出身)

・森木優摩(経済学部1年・愛知県私立中部大第一出身)

 

場所 北海道深川市陸上競技場

   *入場無料

旭川市陸上競技場で最終刺激を行う田崎選手

旭川市陸上競技場で最終刺激を行う米井選手(左)と森木選手(右)

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ