亜大スポーツ亜大スポーツ

新生「ANGELS」始動

アメリカンフットボール部です。

いよいよ、亜細亜大学アメリカンフットボール部「ANGELS」がシーズンインしました。
他大学に比べると少し遅めのスタートとなりましたが、秋のリーグ戦に向けて練習に励んでいました。

主将の荒川達郎君(経営3)は「秋に向けてしっかりと今から準備して、いいチームを作っていきたい」と今シーズンに向けての抱負を語りました。

東京農工大を相手に黒星スタート

11100301.jpg11100302.jpg

 

亜細亜大学のキックにより始まった第1Q!

DB中嶋(国関3年)やLB脇坂(法4年)のタックルが決まりますが、ゴールまで20yardの所まで攻められてしまいます!

先制点を奪われまい、とディフェンス陣は粘りをみせ、LB清原(法2年)がファンブルしたボールを見事にキャッチ!

そのあともDB中村(短大2年)がタッチダウンを阻止するナイスプレーが続きますが、東京農工大に先制点を許してしまいます!

その後RB小松(法2年)やRB飯山(法3年)のランが続き、そしてWR古林(営4年)がQB佐藤(法2年)のロングパスをキャッチしそのままタッチダウン!

しかしその後、東京農工大にも点を奪われ7-27で前半戦を折り返します。

後半戦に入り、DB小山(法3年)のパスカットやQB佐藤(法2年)、RB三沢(法3年)のランプレーが続き、新人のDB袴田(法1年)が強烈なタックルをきめますが、農工大ディフェンスの粘りに苦戦します。

4Qでは今シーズン初のWR荒井(営3年)がパスキャッチを決め、WR今野(法2年)が強烈なタックルをうけますが持ちこたえます!

QB佐藤(法2年)のラン、WR古林(営4年)のパスキャッチが続きゴールまで2yardと攻めこみますが、

農工大ディフェンスに阻まれ、点数を決めることができません。

その後も全力でプレーしましたが、惜しくもここで試合終了。

41-7で黒星スタートとなりました。 

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ