亜大スポーツ亜大スポーツ

春季東都リーグ戦 全日程終了

亜細亜大学の順位は2位でした。

星取表

平成29年度春季リーグ戦の結果は2位でした。
最後までご声援を送っていただき、応援して頂いた皆様には感謝の気持ちしかございません。
悔いの残る結果となりましたが、この気持ちを糧にして、秋季東都リーグ戦では、優勝を目指しがんばります。
これからも全力疾走で頑張りますので、ご声援よろしくお願い致します。
 

表彰選手

ベストナイン

捕手 頓宮裕真 選手 満票 初受賞

 

頓宮裕真選手

打席に立つ頓宮選手


ご声援ありがとうございました。


硬式野球部 春季東都リーグ試合結果

勝ち越しスリーランを放った正隨選手

硬式野球部です。

本日行われました、國學院大学戦3回戦は


 亜細亜大学 11 対 8 國學院大学

國學院大学に勝利し、勝ち点3となりました。

高橋優選手

上田選手

試合経過

両校の先発は
中村(稔)投手【亜大】 山岡投手【國大】
 
亜大は初回、2番伊藤(優)選手の2塁打、3番北村選手の四球でチャンスを作ると、4番頓宮選手の打球をサードが送球エラーし、2得点。なおも、一死3塁から5番上田選手のショートゴロで追加点。6番高橋(優)選手が2塁打で出塁し、二死2塁とし、7番正隨選手のヒットでさらに追加点。計4得点のビッグイニングとなります。

しかし、その裏に安打と四球で一死1・3塁のピンチとなり、4番鹿屋選手のセンターへの2点3塁打、5番西丸選手のショートゴロの間に1点を失います。
【亜大4-3國大・1回終了】

亜大は4回に、7番正隨選手のセンターへのヒット、1番近森選手の死球、そして、2番伊藤(優)選手が四球を選び二死満塁とすると3番北村選手も四球を選び押し出しで1得点
5回にも7番正隨選手がソロ本塁打で1得点をあげ突き放します。
【亜大6-3國大・5回終了】

亜大は6・7・8回と、國大に1点ずつ奪われ、9回裏に1番山崎選手のソロ本塁打で追いつかれます。
【亜大7-7國大・9回終了】

10回表、亜大は8番代打中尾選手が四球を選び出塁、9番小山(倭)選手が送りバントを決め1番近森選手のゴロの間に進塁すると、2番伊藤(優)選手の打席間に本盗を決め勝ち越しますが、その裏、タイムリーヒットで同点に追いつかれます。
【亜大8-8國大・10回終了】

11回表の亜大の攻撃、3番北村選手が死球、5番上田選手が四球で出塁し、二死1・2塁から7番正隨選手を打席に迎えます。1ボールからストレートを捉え3点本塁打を放ち再び勝ち越します。
その裏を持田投手が抑え、國大との乱打戦を中村(稔)→嘉陽→高橋(遥)→山城→持田の5投手で繋ぎ勝利しました。
【亜大11-8國大・試合終了】

北村選手

持田投手

インタビュー

正髄 優弥 選手

今までチームに迷惑ばかりかけていたので、最後くらいはチームに貢献したいと思いながら打席に立ちました。
(4安打2本塁打5打点と)結果が出てよかったです。

最後は2連勝で終わることが出来ました。
皆様には最後まで熱いご声援を送っていただき
ありがとうございました。
優勝を逃しましたが、この悔しさを秋季リーグで晴らします。
 

これからもご声援よろしくお願いいたします。

春季東都リーグ戦 最終戦のお知らせ

硬式野球部です。

5月23日(火)に國學院大学との公式戦が行われます。

 

ここに注目!!


國學院大学は東洋大学との首位攻防戦に敗れはしたものの、高い総合力で勝率上位キープしています。
今季初完封をあげた山岡投手と150㌔超の右腕小又投手。そして、4割を超す打率を誇る西丸選手と注目選手が揃っています。
亜大の注目は現在リーグトップタイの3本塁打、リーグ単独トップの13打点で二冠王(5月19日時点)の主砲、頓宮選手。打率も4位の0.415をマークしており三冠王も狙える位置にあります。井口忠仁選手(NPBへの登録名は井口資仁・青学大→現千葉ロッテマリーンズ)以来、東都大学野球連盟史上2人目の三冠王となるか。打率6位の近森選手(打率0.405)とともに亜大打線を引っ張る主砲の活躍に注目です。

試合日程

春季東都リーグ戦  第8週   於 明治神宮球場
 
5月23日(火)  3回戦
 亜細亜大学(三塁側) VS (一塁側)國學院大学
 11:00 開始予定

※三塁側の大学が先攻です。
※天候や東京六大学野球連盟の試合結果などにより日程が変更する可能性があります。ご了承ください。
※日程や試合情報の詳細は下記のホームページを参考にしてください。
※亜細亜大学の今季最終試合となります。

    

明治神宮球場へのアクセス

最寄駅 ※駅名をクリックで各ホームページへ移動
  ○ JR中央線  千駄ヶ谷駅   徒歩15分
      ○ JR中央線  信濃町駅    徒歩15分
  ○ 銀座線    外苑前駅    徒歩5分
  ○ 大江戸線   国立競技場駅  A2出口より徒歩10分

入場料金
 一般  1300円 
 シニア 1000円
 学生   600円(学生証提示)
※連盟加盟校以外の学生も学生料金で入場できます。

今季最終ゲームとなります。
熱いご声援をお待ちしています!!

硬式野球部 春季東都リーグ試合結果

硬式野球部です。

本日行われました、國學院大学戦2回戦は

 亜細亜大学 7 対 4 國學院大学

國學院大学に快勝という結果になりました。
 

高橋優選手

上田選手

試合経過

各校の先発投手

亜大の先発は比嘉(健)投手
國大の先発は小玉投手
 
亜大は初回、4番頓宮選手のセンターへの2点ヒットで先制
【亜大2-0國大・1回終了】
3回にも6番高橋(優)選手のヒットで追加点を上げます。
【亜大3―0國大】
4回に國大の3番諸見里(匠)の本塁打で1点を返されますが、その裏に1番代打上田選手のタイムリー2ベースヒットで1点、一死二・三塁から2番近森選手の3ラン本塁打で計4得点をあげ、突き放します。
【亜大7-1國大・4回終了】
5、6、8回に1点ずつ点を奪われますが、亜大は比嘉(健)→山城→中村(稔)の継投で逃げ切り、快勝しました。
【亜大7―4國大・試合終了】
 

近森選手

頓宮選手

インタビュー

上田 隼也 選手

この間の試合でチャンスで2打席打ててなかったので打ちたかった!打ててよかったです!

近森 雄太 選手

一昨日の試合でチャンスを潰してしまったので、思い切って初球を打った結果、ホームランになって良かったです!

本日はご声援ありがとうございました。
あと一戦、全力疾走で頑張ります。

硬式野球部 春季東都リーグ試合結果

硬式野球部です。

本日行われました、國學院大学戦1回戦は

 亜細亜大学 1 対 2 國學院大学

國學院大学に惜敗という結果になりました。
 

頓宮選手

近森選手

試合経過

各校の先発投手
中村(稔)投手<亜大>  山岡投手<國大>

1回裏、タイムリーヒットで先制されます。
【亜大0-1國大・1回】
3回裏、低めの変化球をレフトポール際へ運ばれ、本塁打で追加点を奪われます。
【亜大0-2國大・3回】
4回表、6番高橋(優)選手がヒットで出塁すると、7番山田選手の送りバントで一死二塁とすると、打席に迎えるのは8番佐久本選手。1ボール1ストライクから放った強烈な打球はセンター方向へのタイムリーヒットとなり、1点を返します。
【亜大1-2國大・4回】
亜大の先発、中村(稔)選手は4回以降2塁を踏ませない好投で7回2失点と試合を作りますが、相手の堅守にあと1点を阻まれ、惜敗となりました。

7回2失点の好投をした中村投手

2安打1打点と活躍した佐久本選手

インタビュー

中村稔弥投手

これまでの試合に比べていいピッチングができたが、勝たないと意味がない。勝ちたかった。

佐久本一輝選手

打撃がよくても、今日、勝てなければ意味がない。
明日は勝ちたい。

優勝の可能性は消滅しましたが、最後まで全力でがんばります。

春季東都リーグ戦のお知らせ

硬式野球部です。

5月17日(水)同18日(木)に國學院大学との公式戦が行われます。

 

優勝の行方は~

春季リーグ戦も終盤に入り、優勝の可能性を残す大学も絞られてきました。
優勝の可能性を残す大学は亜細亜大学・國學院大学・東洋大学の3校です。


亜細亜大学の優勝の条件は下記のとおりです。
 

  • 亜細亜大学は第7週目の國學院大学に2連勝で勝点をあげ、第8週の最終戦、東洋大学が日本大学に2連敗で勝点を落とすと亜細亜大学の26度目の優勝となる。
  • 2連勝で勝点をあげ、第8週の最終戦で東洋大学が日本大学に1勝2敗で勝点を落とすと、亜細亜大学・東洋大学が7勝4敗・勝点3の同率で並び、後日、1戦勝負のプレーオフで勝った方が優勝となる。
  • 亜細亜大学が1敗でもした場合、優勝が消滅。
 
春季リーグ戦も大詰めを迎え、亜細亜大学にとって1戦も落とせない厳しい状況でありますが、優勝の可能性が残る限り、諦めず最後まで全力でがんばりますのでご声援の程よろしくお願いいたします。

ここに注目!!

亜細亜大学が優勝する為には絶対に落とせない試合です。
國學院大学は現在2位、東洋大学との首位攻防戦に敗れはしたものの、高い総合力で勝率上位キープしています。
今季初完封をあげ、未だに負けなし2勝の山岡投手と150㌔超の右腕小又投手。そして、4割を超す打率を誇る西丸選手と注目選手が揃っています。
亜大は現在リーグトップタイ3本塁打の主砲頓宮選手と絶好調の主将北村選手が率いる強力打線で好投手陣を打ち砕き、嘉陽投手をはじめ、好投を続ける投手陣の援護をしたいところです。昨年に続き、逆転Vを狙うためには、1敗も許されない状況。亜細亜大学は優勝戦線に食い込むことができるか!注目の一戦です!

試合日程

春季東都リーグ戦  第7週   於 明治神宮球場
 
5月17日(水)  1回戦
 亜細亜大学(三塁側) VS (一塁側)國學院大学
 11:00 開始予定

5月18日(木) 2回戦
 國學院大学(三塁側) VS (一塁側)亜細亜大学
 13:30 開始予定
     
※三塁側の大学が先攻です

※両チームの勝敗が並んだ場合3回戦を行います。
※3回戦の情報につきましては、東都大学野球連盟のホームページをご覧ください。
※天候や東京六大学野球連盟の試合結果などにより日程が変更する可能性があります。ご了承ください。
※日程や試合情報の詳細は下記のホームページを参考にしてください。
    

明治神宮球場へのアクセス

最寄駅 ※駅名をクリックで各ホームページへ移動
  ○ JR中央線  千駄ヶ谷駅   徒歩15分
      ○ JR中央線  信濃町駅    徒歩15分
  ○ 銀座線    外苑前駅    徒歩5分
  ○ 大江戸線   国立競技場駅  A2出口より徒歩10分

入場料金
 一般  1300円 
 シニア 1000円
 学生   600円(学生証提示)
※連盟加盟校以外の学生も学生料金で入場できます。

16日(火)に予定されておりました。東都リーグ戦は東京六大学野球の試合日程と重なったため、順延となりました。ご注意ください。

優勝の行方が決まる大一番です!
熱いご声援をお待ちしています!!

春季東都リーグ 試合結果(5/10)

硬式野球部です。

本日行われました、日本大学戦2回戦は

 亜細亜大学 4 対 2 日本大学

日本大学に連勝で勝ち点2という結果になりました。
 

先制打を放った比嘉(龍)選手

好リリーフで勝利に貢献した嘉陽投手

試合経過

各校の先発は、井上投手<亜大> 田村投手<日大>

初回無死一二塁のピンチを救援した比嘉(健)投手の好投で切り抜けると、2回表に比嘉(龍)選手のタイムリーで先制。2回裏には連打で一二塁のピンチを迎えるも、佐久本捕手の好判断で二塁ランナーを捕手牽制でアウト。この回からマウンドに上がった嘉陽投手が後続を断ち無失点【亜大1‐0日大・2回終了】

4回表、3番北村選手がヒットで出塁すると、4番頓宮選手が送りバントを決め、5番手塚選手のタイムリーで追加点。【亜大2‐0日大・4回終了】

5回裏に1点を返されるも、6回表に4番頓宮選手、5番手塚選手のヒットでチャンスを広げると、相手バッテリーのエラーと6番高橋選手のライト線へのタイムリー3ベースで2点を追加【亜大4‐1日大・6回終了】

8回裏に1点を返され、9回裏も一死一二塁のピンチを迎えるも、2回からマウンドに立った嘉陽投手がしのいで、このまま試合終了【亜大4‐2日大・試合終了】

初回のピンチを切り抜けた比嘉(健)投手

巧打で活躍した手塚選手

インタビュー

手塚 渓登選手

先制のきっかけとなった第1打席では、相手投手のスライダーが良かったのでしっかりと見極めることが出来た。
だめ押しとなる6回の打席では、頓宮選手がヒットで出塁してなんとか自分もつなごうと思った。バントミスもあったが切り替えて行くことが出来た。

嘉陽宗一郎投手

初回からバタつく試合展開となったが、自分の仕事ができるよう準備ができていた。
ストレートも変化球も調子がよく,コーナーを突く投球ができて良かったと思う。
チームが1つになっていると思うので、来週はチーム一丸となって勝ちに行く。

本日はご声援ありがとうございました。
リーグ優勝をめざし全力疾走で頑張ります!!

春季東都リーグ 試合結果 (5/9)

硬式野球部です。

本日行われました、日本大学戦1回戦は

 日本大学 5 対 6 亜細亜大学

日本大学に先勝という結果になりました。
 

試合経過

各校の先発は、中村(稔)投手<亜大> 山本(龍)投手<日大>

亜大は初回、キャッチャーの送球エラーで先制を許しますが、その裏に4番頓宮選手のタイムリーヒットで同点に追いつきます。その後、3回裏にも2点を加えリードを広げます。【日大1‐3亜大・3回終了】

4回表に3点ホームランで逆転されてしまいますが、直後の攻撃で7番高橋(優)、8番佐久本の連続ヒット、9番虎谷の四球などで生まれた一死満塁のチャンスから、2番上田の打席間に暴投で1点、3番北村の2点2ベースヒットで計3点を加え、逆転に成功します。【日大4‐6亜大・4回終了】

7回表にタイムリーヒットで1点差に迫られますが、7回途中からマウンドに上がった嘉陽投手の好投もあり、このまま試合終了。【日大5‐6亜大・試合終了】

両校合わせて25本ものヒットの出た乱打戦は、亜大がリードを守りきり先勝しました。

 

インタビュー

嘉陽宗一郎投手

目の前の一戦一戦を大切にしていくという気持ちで試合に挑みました。
今日の試合はしっかり抑えるという気持ちで思い切って投げました。

好救援で亜大を勝利に導いた嘉陽投手

本日はご声援ありがとうございました。
4連勝でリーグ優勝をめざし全力疾走で頑張ります!!

春季東都リーグ戦のお知らせ

VS日本大学

硬式野球部です。

5月9日(火)同10日(水)に日本大学との公式戦が行われます。

 

ここに注目!!

日本大学の4番北阪選手は直近2試合で11打数5安打打率.450と好調。現在3位のチームを支えています。一方、亜大の4番頓宮選手は現在リーグトップの3本塁打をマーク。両チームの主砲に目が離せません!

試合日程

春季東都リーグ戦  第6週   於 明治神宮球場
 
5月9日(火)  1回戦
 日本大学(三塁側)  VS (一塁側)亜細亜大学
 10:30 開始予定

5月10日(水)2回戦
 亜細亜大学(三塁側) VS (一塁側)日本大学
 13:00 開始予定
     
※三塁側の大学が先攻です

※両チームの勝敗が並んだ場合3回戦を行います。
※3回戦の情報につきましては、東都大学野球連盟のホームページをご覧ください。
※天候や東京六大学野球連盟の試合結果などにより日程が変更する可能性があります。ご了承ください。
※日程や試合情報の詳細は下記のホームページを参考にしてください。
    

明治神宮球場へのアクセス

最寄駅 ※駅名をクリックで各ホームページへ移動
  ○ JR中央線  千駄ヶ谷駅   徒歩15分
      ○ JR中央線  信濃町駅    徒歩15分
  ○ 銀座線    外苑前駅    徒歩5分
  ○ 大江戸線   国立競技場駅  A2出口より徒歩10分

入場料金
 一般  1300円 
 シニア 1000円
 学生   600円(学生証提示)
※連盟加盟校以外の学生も学生料金で入場できます。

熱いご声援をお待ちしています!!

春季東都リーグ 試合結果 (4/28)

硬式野球部です。

本日行われました、中央大学戦3回戦は

 亜細亜大学 2 対 8 中央大学

中央大学に連敗という結果になりました。
いよいよリーグ戦も後半です。

全力疾走で頑張ります!

試合経過

各校の先発は、高橋投手<亜大>柳川投手<中大>

5回まで2対2と拮抗した展開だったが、6回に中大は連打で無死満塁とすると、2番五十幡選手のヒットで勝ち越し、その直後に継投した嘉陽投手から押し出しや犠打などで一挙5得点、試合の主導権を握った。

その後亜大も反撃をするも、中央大学の継投の前に得点を奪えず、2対8で亜大の負け越しとなった。

インタビュー

高橋遥人投手

前回はあんな(6回8失点の大乱調)ピッチングだったので、今日は思い切って投げることを心掛けました。
4年生のピッチャーとして、長いイニングを通して好投できるよう頑張ります!

5回2失点と試合を作った高橋投手

ご声援ありがとうございました。

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ