亜大スポーツ亜大スポーツ

JAF-F4東日本S第5戦で金澤君が3位表彰台

△快走で3位表彰台獲得

△シャンパンファイトの様子

 レーシングマシン「フォーミュラカー」によるレースに本学から金澤力也君(経営2)が出場。東日本シリーズ第5戦で3位に入賞しました。ここでは金澤君のレースレポートを紹介します。


 JAF-F4第5戦は日本の中でもインターナショナルなサーキット・富士スピードウェイで行われました。1.5kmの長いストレート区間では、約240km/hものスピードで抜きつ抜かれつのバトルを行うのが、このサーキットの特徴でもあります。

 今回の参戦台数は全部で15台。決勝レースのスタート位置を決める予選では4位を獲得しました。
予選序盤では2位のタイムを記録していましたが、中盤~終盤にかけて今一つタイムを伸ばすことが出来ず4位に後退し、そのまま予選は終了。しかし2位から4位までの差はわずか0.2秒の差だったので、決勝レースまでに自分自身のドライビングやマシンセットを見直すことに集中しました。

 迎えた決勝レース。予選で獲得した4位のポジションから無事にスタートをきり、スタート直後のクラッシュを上手く切り抜けることが出来ました。レース序盤からペースも良く、2周目には240km/hからのブレーキング勝負でバトルを制し、3位へ上がります。しかし、後退した選手も諦めず、レース中盤までは抜きつ抜かれつのバトルを強いられることになりました。レース終盤にかけて後方の選手と少し差が広がり、自分のペースを取り戻しながら2位の選手を追いかけます。じわじわと差は縮まりますが、バトルしていた間に大きなアドバンテージを築かれていたため、抜かすまでの距離には届きませんでした。

よって最終的には3位表彰台を獲得。

 1つポジションを上げれたことは純粋に嬉しいですが、目指しているものは常に優勝なので、課題が残るレースとなってしまいました。ですが、自分自身のスキルアップに大きく繋げることが出来たレースでもありました。

 今年は「優勝」が3回、「3位表彰台」が2回という結果でしたが、来年はもっと優勝を獲得できるような体制とスキルを持って挑みたいと思います。今年のレース活動をサポートして頂いたチーム・スポンサード様はじめ、亜細亜大学様には大変感謝しております。来年は世界基準で行われる「FIA-F4」というカテゴリーに全戦参戦することが決定致しましたので、それに向けてシーズンオフも有意義な日々を積み重ねていきたいと思います。

レーシングドライバー金澤力也

探検部がラフティング世界選手権プレ大会総合3位入賞

徳島県三好市で開催された、「ラフティング世界選手権2017プレ大会」(10月6日から10日)で、探検部がジュニア男子カテゴリー総合3位と健闘しました。

この大会は、来年行われるラフティング世界選手権の予選を兼ねており、各カテゴリーの優勝チームが世界手権の出場権を得るもの。会場となった吉野川は、豊富な水量に加え、落差2メートルを超える瀬など、世界レベルの激流があることなどから、日本国内におけるラフティングの聖地として親しまれています。

出場した探検部ラフティング責任者の金子大和君(経営3)は、「日本一の激流を下ってみたいと思い参加したが、川の迫力に圧倒された。初めての場所で、川の流れもつかめないまま本番を迎え、不安だった。」と心境を語りました。

競技はスプリント(短距離のタイムトライアル)、H2H(2艇同時スタートの短距離レース)、スラローム(指定された順番にゲートを通過するタイムレース)、ダウンリバー(3艇から4艇での長距離レース)でタイムや技術を競い、4種目の総合獲得ポイントで順位が決まります。同部はスプリントで3位と幸先よくスタートを切り、最後のダウンリバーを2位でフィニッシュ。総合で3位となりました。

今回の3位入賞について金子君は「息が合わないとスピードが出ないので、全員の意識を統一できた結果の賞。川は迫力があったので、いつも以上にミスをしないよう心掛けた。参加チームは強豪ばかりだったが、その中で3位に食い込むことができて自信になった。」と語ってくれました。

探検部 ラフティングの大会で「六人乗りラフト部門」で総合3位、「ダウンリバーレース」で準優勝

▲総合3位、準優勝と健闘した探検部

長野県飯田市で開催された、第20回天竜川ホワイトウォーターフェスティバル(9月24日・25日)の「六人乗りラフト部門」で、探検部が総合3位に入賞、さらに「ダウンリバーレース」では準優勝と健闘しました。

このラフティングの大会は、「ファンスラローム」と「ダウンリバーレース」の2種目で行われました。ファンスラロームは、川を下る速さ以外にも、橋からつるされたロープ登りや、ボート上からロープを投げて人命救助を想定したレスキュー技術も競うもの。一方のダウンリバーレースは、速さを競う競技です。

通常は多摩川の奥多摩で練習していますが、今回は大会1週間前に飯田市に入り、天竜川で事前練習を行いました。「川の流れを見ておかないと危険ですから」と、ラフティング責任者の金子大和君(経営3・東京・都立府中高卒)。その言葉が裏付けるように、連日の大雨で川は増水。波が大きく、大会運営者が「暴れ天竜」と表現するほどのコンディションでした。

そのような状況にも関わらず、今回の大会は、上級者と初心者でチームを組みました。「技術の継承」をテーマに、成績よりも初心者に経験を積ませ、技術を身につけるために挑んだ大会でした。それだけに金子君は、「結果が出て、よし!という心境。暴れ天竜に初心者が心配だったが、増水に荒波のぶん、スピードが出てスリルを楽しめたと思う。レースラフティングを楽しんでもらえてよかった」と入賞を振り返りました。

JAF-F4西日本シリーズ3戦で金澤君が3位

△3位でゴール

△試合前の緊張の瞬間

レーシングマシン「フォーミュラカー」によるレースに本学から金澤力也君(経営2)が出場。西日本シリーズ初出場で3位に入賞しました。ここでは金澤君のレースレポートを紹介します。


JAF-F4西日本シリーズ第3戦は、レース1週間前に急遽参戦が決定しました。場所は三重県にある鈴鹿サーキット。今年は東日本シリーズの参戦に絞っていたため、一度も走ったことの無いコースでのレースとなりました。

レース前日の練習、初めはトップとの差が2秒近くあったものの、ドライビングとマシンを上手くセットアップしていき、最終的には0.5秒まで縮めました。
迎えたレース当日、予選では3位のタイムを記録し、決勝ではその順位からスタートすることになりました。決勝レーススタート時に後方の選手に抜かされ、4位に後退します。しかし数週後に3位の選手を上手く抜かすことが出来、再び3位へ復帰。その後、懸命に走り続けますが、2位との差は縮まらず3位でレース終了となりました。

初めてのコース、限られた練習時間でのレースで3位表彰台を獲得できたことは嬉しく思いますが、それ以上に自分の課題が分かったので何よりそれが嬉しいです。(レースも試験(テスト)と同じですね・・・)
また、マシントラブルが相次ぐ不運に悩んでいましたが、不運な時こそ我慢して、頑張り続ければチャンスが回ってくるというのも今回実感したことでした。

急遽出場が決まり、とても貴重な経験ができて、チーム、スポンサード様には感謝しています。
次戦ではトップと優勝争いができるように日々努力していきます。

日本リバーベンチャー選手権大会で健闘

【探検部】日本リバーベンチャー選手権大会で健闘

群馬県利根川郡みなかみ町で開催された「第40回日本リバーベンチャー選手権大会」(5月28日・29日)で、探検部が4人乗競艇に2艇出場し、そのうち1艇が上級部門に進出、もう1艇が中級部門で優勝と好成績を収めました。

今年で第40回となる同大会は、各大学から選出された学生による大会運営が行われており、「ラフティングの甲子園」とも呼ばれる、日本国内最大級を誇る大会です。大会では全国から大学チームや社会人チームが一堂に会し、日頃の練習で鍛えたラフティング技術を競います。

同競技はスプリント(*1)、スラローム(*2)、H2H(*3)の3種目による予選を行い、上級・中級を決定。翌日の本選で行われるダウンリバー(*4)の結果を含めた総合順位で勝者が決まります。中級部門で優勝した「レイトレンジャー」は、スプリント5位、H2Hで4位と予選で好成績を収めていたことも中級優勝の結果を後押ししました。

2月から同大会への参加を意識し、練習に励んでいた本学探検部。静水と流水での練習を繰り返し行い、技術力と体力を高めたといいます。練習の成果が実を結んだ結果に、探検部ラフティング責任者の金子大和君(経営3)は、「約5か月にわたる猛練習の成果が出て嬉しい。今後も学友の皆さんにもっと探検部を知っていただけるよう活動をすすめていきます。部員の協力や大学教職員の方々のご支援に感謝しています」と語りました。

探検部は6月に保津川で開催される「保津川スプリント」、10月初旬に行われる世界大会(2017年)プレ大会にも出場したいと練習に励んでいます。

(*1)スプリント…短距離コースのタイムを競う
(*2)スラローム…障害物のあるコースのタイムを競う
(*3)H2H…2艇による直接対決で速さを競う
(*4)ダウンリバー…長距離コースのタイムを競う

JAF筑波スーパーFJ選手権シリーズで金澤君が優勝

レーシングマシン「フォーミュラカー」によるレース「JAF筑波スーパーFJ選手権シリーズ」が5月5日に開催され、金澤力也君(経営2)が優勝。3月20日に開催された同レース開幕戦に続く2連勝で、好成績を挙げています。

金澤君は3月のレースに引き続き、予選1位通過、そしてトップポジションを一度も譲ることなく完全優勝を達成。ベテランレーサーの参加も多い中、予選・決勝戦共に完璧な走りを見せました。

結果を振り返り、うれしそうな表情を見せた金澤君。「一人の力では達成できないからこそ優勝の喜びが大きくなる」といいます。「レースは個人戦のように見え、実は団体戦。ドライバーのテクニックは勿論ですが、マシンのセットを行うメカニックやスポンサーの存在がレーシングカーを勝利へ導きます。優勝はもちろん、多くの人に見に来てもらえることも結果につながるんです」

今回の優勝で、あとわずかなポイントを獲得することで、金澤君は日本ランキングへの参加条件を獲得することができます。

2回目のフォーミュラレース出場で金澤君が2位

△表彰台に上がる金澤君(左)

レーシングマシン「フォーミュラカー」によるレース「JAF筑波スーパーFJ選手権シリーズ」が11月22日に行われ、経営学部1年の金澤力也君が2位でゴールし表彰台に上がりました。

金澤君のフォーミュラレース出場は2回目。来年に向けての力試しで臨んだレースでしたが、ただ一人58秒台に入れる58秒802と、2戦目とは思えない速さで予選を一位通過し、ポールポジションを獲得しました。

決勝では、スタート時のホイールスピンで4位まで後退するも、一台ずつ差を縮め、5周目で2位まで浮上。トップとの差0.4秒まで詰める粘りを見せましたが、惜しくも2位でレース終了となりました。

「レースは団体戦。入賞はドライバーだけの力で叶うものではありません」と金澤君。ドライバーのテクニックも大切ですが、マシンのセットを行うメカニックやスポンサーの存在がレーシングカーを勝利へ導くのだといいます。

「今回乗ったのはZAP F109という開発車両でしたが、その車両で初のポールポジション獲得ドライバーになることができたことが何よりも嬉しい」と喜びを語ります。

2016年は11レースに出場予定の金澤君。「全戦優勝を目指して経験を積んでいきたい」と抱負を語りました。

日本リバーベンチャー選手権大会、4人乗競艇上級部門へ進出

「第37回日本リバーベンチャー選手権大会」で、探検部の2艇が4人乗競艇上級部門へ進出、さらに中級部門2人乗競艇でも3位に入る健闘を見せました。

上級へ進むためには、41艇中、上位16艇に入ることが条件です。ここ数年は、中級部門で優勝や準優勝を果たしてきた探検部ですが、約5か月にわたる猛練習の成果が発揮され、上級部門へ進出となりました。

今年で37回目となる同大会は、国内最大級で「ラフティングの甲子園」とも呼ばれています。これは全国から大学・社会人チームが一堂に会し、日頃の練習で鍛えたラフティング技術を競う大会です。今年は6月1日・2日に群馬県利根川郡みなかみ町で開催され、みなかみ町、観光協会、商工会などが協力。各参加団体のボランティアも協力し大会を盛り上げ、千人以上の来場者がありました。

探検部主務の小田真帆さん(経営3・愛知・名古屋市立名東高卒)は、「強化合宿を毎週末行い、鳥取大学、一橋大学、新潟大学などの強豪校と上級部門で戦うことを目標に練習してきました。今回の上級部門進出は、部員の協力やOBの声援のお陰と感謝しています」と語ってくれました。

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ