亜大スポーツ亜大スポーツ

東京都大学サッカーリーグ 第9節 結果

サッカー部です。

​6月25日に首都大学東京南大沢キャンパス球技場にて、東京都大学サッカーリーグ第9節首都大学東京戦が行われました。

​前期の試合はこの試合を含めて残り2節となり、後期に向けても昇格のためにも絶対に負けられない試合でした。

​試合序盤はお互い探り合いの中での試合でしたが、試合が動いたのは前半21分、両角衛選手の横パスを鈴木俊太郎選手が冷静に流し込み先制。
このまま流れに乗るかと思いましたが、6分後の27分にミスからの失点。やや、相手に流れを持っていかれてしまいます。

しかし、この流れを切ったのは9番 山駿介選手。
坂東篤選手の右足から上げられたセンタリングを得意のヘディングで叩き込み、試合の流れを亜細亜大学に引き込みます。

前半は2-1で終えます。

後半キックオフ。

後半開始14分、岩下航己選手のペナルティーエリア内での個人技から追加点。
途中出場の鈴木耕大選手が右サイドをえぐり中にパス、それを坂東篤選手が体に当て追加点。
​その後は危ない場面もありましたがチーム全体が集中を切らさず4-1と勝利。


​次節は、7月2日(日)東京都大学サッカーリーグ2部第10節、成城大学戦が亜細亜大学グラウンドで11:00キックオフで行われます。

​前期最後の試合です。後期に向けていい弾みをつけるため、とても重要な試合になります。
​チーム全体が一つになり、全力で勝ちいきます。
​ご声援をよろしくお願いします。

 

東京都大学サッカーリーグ第9節

サッカー部です。

6月25日(日)に、東京都大学サッカーリーグ第9節が首都大学東京南大沢キャンパスで行われます。
キックオフは、10時​​​です。

現在3位につける亜細亜大学ですが、首位浮上のためにも絶対に負けられない戦いが続きます。
明日もチーム一丸となって闘うので応援お願いします。

林君がデフサッカー国際親善試合日韓戦で2ゴール

今年7月18日から30日の間、トルコで開催される「第23回夏季デフリンピック競技大会 サムスン2017」にむけた男子日本代表合宿が福岡県宗像市のグローバルアリーナで実施されました。

日本代表に選出された本学経済学部3年の林滉大君が同合宿に参加。合宿期間中の6月10日に行われた「あいおいニッセイ同和損保プレゼンツ デフサッカー国際親善試合 日韓戦」では、4対0で日本チームが快勝。4点のうち2点を林君が決め、勝利に貢献しました。

▼以下林君へのインタビュー(抜粋)
<日韓戦、どの様な気持ちで挑みましたか>
初めての国際試合で代表デビュー戦だった為、緊張と楽しみ半々でした。とにかくチームの勝利のためにゴールやアシストを決めようと意気込みました。

<心掛けたプレー>
持ち味の俊足を生かし、ディフェンダーの背後を突くプレーを心掛けてプレーしました。また武器のひとつであるドリブルで一気にゴール前まで運んだりしました。相手の視野から消えてフリーでボール貰うという動きが多かったと思います。

<2点のゴールを決めた気持ち>
初国際試合で代表デビュー戦でした。1ゴールをまずの目標にしていましたが、結果2点も決めることが出来て良かったです。この2ゴールはチーム全員で決めたゴールだと思っています。

<7月開催のデフリンピック2017への想い>
2回の合宿を通して、更に積極的にコミュニケーションが取れるチームになってきました。ズレも減り、一体感を実感しています。7月頭の最終合宿も乗り越え、このまま良好な雰囲気でトルコに乗り込みたいです。2009年の台北と前回の2013年のソフィアのデフリンピックはいずれも予選敗退だったので、今回は予選突破して初の決勝トーナメントに進出できるように頑張ります。
 

△前列右から2番目が林君

東京都大学サッカーリーグ第5節

サッカー部です。

5月28日に成蹊大学グランドにて、東京都大学サッカーリーグ第5節学習院大学戦が行われました。

アミノバイタルカップで東京都代表になったチーム同士、引き分けの続く亜細亜大学にとっても、絶対に負けられない試合でした。

前半は互いに譲らず0-0で終わり、試合が動いたのは後半22分。
途中出場の額川のクロスを、中央の混戦から途中出場の井嶋がゴールに流し込み、亜細亜大学が先制します。

しかし5分後の後半27分に失点を許し1-1になってしまいます。それでも諦めず攻め続け、後半38分のコーナーキック。
岩下の蹴ったボールをファーサイドで野原が頭で合わせ2-1とし、試合はこのまま終了。

負けられない試合で苦しみながらも勝ち点3をとることが出来ました。

来週6月3日(土)には、神奈川県のカモメパークグラウンドにて、アミノバイタルカップ都県プレーオフが行われます。対戦相手は栃木県の作新学院大学です。
この試合に勝って関東大会進出を目指しますので、応援よろしくお願いします。
 

東京都大学サッカーリーグ 第4節 結果

サッカー部です。

5月21日(日)に東京都大学サッカーリーグ2部第4節、玉川大学戦が行われました。

前半は良い攻撃もありましたが得点は奪えず、0-0で前半を終えます。

後半13分、コーナーキックでゴール前の混戦の中、長里亮真選手(経営学部1年)が右足でゴールネットを揺らし、先制します。

しかし後半20分、ドリブルでゴール前まで運ばれ、失点を許し同点に。

その後、激しい攻防が続きますが、得点は動かず1-1で試合終了。
3試合連続で引き分けとなりました。


次節は5月28日(日)東京都大学サッカーリーグ2部第5節、学習院大学戦が成蹊大学グラウンドで13:10キックオフで行われます。

チーム一つになり、全力で戦い勝ちにいきます。
ご声援をよろしくお願いします。

東京都大学サッカーリーグ 第3節 結果

サッカー部です。

5月14日(日)に東京都大学サッカーリーグ2部第3節、上智大学戦が行われました。

前半12分、コーナーキックの混戦の中、坂東篤選手(経営1)が先制ゴール。しかし、前半23分、上智大学に左サイドからクロス、ヘディングでうまく合わせられ、失点。前半を1-1で終えます。

後半15分、亜細亜大学のスローイン。額川大和選手(国際関係2)が投げたボールを野原有希選手(法3)がヘディングでうまくそらし、寺谷拓希選手(経営4)がゴールを決めて勝ち越し。

そのまま試合が進むが、試合終了直前の後半46分に上智大学がペナルティーキックを決め、2-2で試合終了。

次節は5月21日(日)に玉川大学戦が本学日の出グラウンドで11:00から行われます。

勝ちにこだわり、チーム一つになり勝利をつかみます。

ご声援をよろしくお願いします。

インディペンデンスリーグ 第3節 結果

サッカー部です。

5月13日(土)にインディペンデンスリーグ 立正大学戦が行われました。雨が激しく降る中での試合で、前半にフリーキック、コーナーキックと失点。
亜細亜大学も良い攻撃をしましたが、相手キーパーのファインセーブにより得点を奪えませんでした。

後半にもコーナーキックから失点をしてしまい、0-3で試合終了。

良い試合内容だっただけに惜しまれる試合となりましたた。

次節は勝つ気持ちを全面に出し、勝利します。

東京都大学サッカーリーグ第2節 結果

サッカー部です。

5月7日に東京都大学サッカーリーグ第2節 東京大学戦が亜細亜大学日の出グラウンドで行われました。

前半3分の早い時間帯に失点を許してしまい、厳しい立ち上がりでの試合でしたが、前半17分に寺谷(4年)​が
ゴールを奪いすぐに同点としました。

試合はこのまま1-1で終わり勝ち点1を分け合いました。

アミノバイタルカップも含め、相手に先制される試合が多い中、諦めずにチーム全員で戦い、追いつき、追い越すということが出来ていることは今年のチームのいいところでもあります。しかし試合の立ち上がりの悪さは改善しなくてはなりません。
試合には負けていないときこそ見逃しがちなチームの改善点をもう一度見つめ直し、いい準備をして次の試合に臨みたいと思います。

次の試合は5月14日11時キックオフで相手は上智大学です。会場は亜細亜大学日の出グラウンドです。

ぜひ会場までお越しいただき、応援をお願いいたします。

東京都大学サッカーリーグ2部 第2節 結果

サッカー部です。

5月7日に東京都大学サッカーリーグ2部第2節、東京大学戦が行われました。

開始早々、サイドから攻撃され、前半3分に失点。
しかし、前半17分にFW寺谷拓希選手(経営4)が上手く相手の裏に抜け、キーパーをかわして同点ゴール。
前半を1-1で終えます。

後半は激しい攻防が続きましたが、お互いに得点が奪えず、スコア1-1で試合終了。引き分けとなりました。

東京都大学サッカーリーグ2部第3節 上智大学戦は、5月14日(日)本学日の出グラウンドにて11:00キックオフで行われます。

チーム一つになって、勝利をつかみ取ります。
ご声援をよろしくお願いいたします。

インディペンデンスリーグ 第2節 結果

サッカー部です。

5月4日(祝・木)にインディペンデンスリーグ第2節 早稲田大学U-22戦が行われました。

立ち上がりにミスからの失点。良い形で攻撃するシーンもありましたが、ゴールが遠く、得点を奪えませんでした。

前・後半合わせ、スコアは0-4で敗戦。
今回の敗戦を今後の試合に生かし、練習に励んでいきます。

次節インディペンデンスリーグ第3節 立正大学戦は5月13日(土)立正大学グラウンド13:00キックオフです。

チーム一丸となり、勝利を目指します。

ご声援をよろしくお願い致します。

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ