亜大スポーツ亜大スポーツ

春季関東2部リーグ戦(第11日)

バレーボール部です。

【試合結果】

亜細亜大学 2-3 立正大学
27-25
17-25
25-18
20-25
6-15

【試合経過】
第11戦の相手は立正大学でした。

第1セットは序盤からサーブで相手を崩し優位に進めますが、中盤から亜細亜大学にミスが続き、終盤に追いつかれてしまいます。デュースの接戦となりますが、最後は逃げ切り第1セットを先取します。

第2セットは、序盤から相手の流れにのまれ、点差をつけられてしまいます。終盤に巻き返したものの、序盤につけられた点差を縮めることができず、このセットを奪われます。

第3セットは、終始多彩な攻撃で相手を攻める展開が続きます。相手を寄せ付けない戦いでこのセットを奪います。

第4セットは、両者とも譲らない接戦が続きます。しかし、相手の高いブロックにつかまり、リズムを立て直すことができずこのセットを奪われます。

第5セットは、短い戦いのなかで、序盤からミスが出てしまい流れを作ることができず、セットを奪われてしまいました。
フルセットに持ち込む接戦となりましたが、セットカウント2-3で今リーグ最終戦は敗戦となりました。


【最終結果】
第1位 駒  澤  大  学
第2位 慶應義塾大学
第3位 青山学院大学
第4位 法  政  大  学
第5位 国際武道大学
第6位 大東文化大学
第7位 立  正  大  学
第8位 亜 細 亜 大学
第9位 桜 美 林 大学
第10位 宇 都 宮大 学
第11位 平成国際大学
第12位 山  梨  大  学

今大会は4勝7敗で第8位という結果でした。

【竹内和也監督コメント】

春季リーグ戦8位という結果について、昨年の秋季リーグ戦11位からは順位をあげましたが、大きな課題も見つかったリーグ戦となりました。課題をリーグ戦期間中に修正できなかった点は反省しなければなりませんが、技術的な部分についてはすぐに向上するものではないので、着実に進めていきたいと思います。

リーグ戦期間中、教職員やOB、ご父母をはじめとして、多くの方に会場までお越しいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。上位チームとも十分戦える能力はあるので、春季リーグ戦の反省を踏まえ、今後の東日本インカレ、秋季リーグ戦に向けて準備をしていきます。今後ともよろしくお願いいたします。


次の大会は、6月22日~25日に東日本インカレが開催されます(会場未定)。

今リーグ戦の反省を活かし、1つでも多く勝てるように頑張りますので、今後とも暖かいご声援よろしくお願いいたします。

春季関東2部リーグ戦(第10日)



バレーボール部です。

【試合結果】

亜細亜大学 3-0 山梨大学
25-22
27-25
25-10

【試合経過】
第10戦目の相手は山梨大学でした。
第1セットは、亜細亜大学の攻撃が走り、序盤から相手をはなします。そのまま勢いに乗りセットを奪います。
第2セットは、デュースになる接戦となりますが、終盤の大事なラリーを得点し、このセットも奪います。
第3セットは、序盤から多彩な攻撃で相手を突き放します。ピンチサーバーの秋山(経済2年、No.18)とキャプテンの中原(経済4年、No.3)のサービスエースが効き、セットカウント3-0で4勝目を挙げました。

次の試合は、5月20日(土)、Bコート第1試合で立正大学との対戦です。(試合開始11時~)
会場は慶応義塾大学日吉記念館(入場無料)です。
今大会最終戦となりますので、暖かいご声援よろしくお願い致します。

 

春季関東2部リーグ戦(第9日)


バレーボール部です。

【試合結果】

亜細亜大学 3-1 宇都宮大学
26-24
32-30
27-29
25-18
【試合経過】
第9戦目の相手は宇都宮大学でした。
第1セット、第2セットと序盤からこちらのミスが多く、相手にリードを許す展開が続きます。しかし、終盤にサーブで勢いに乗り、得点を重ねると点差をひっくり返し、逆転勝利します。
第3セットは、序盤こそ流れを作るものの、中盤から終盤にかけてミスが連続してしまいセットを奪われます。
第4セットは、前のセットの反省を活かし、気を引き締め、序盤から自分たちのペースを掴む展開となり、勝利します。
セットカウント3-1で今大会3勝目を挙げました。

次の試合は、5月14日(日)、Aコート1試合目で山梨大学との対戦です。(試合開始11時~)
会場は慶応義塾大学日吉記念館(入場無料)です。
引き続き、応援よろしくお願い致します。
 

春季関東2部リーグ戦(第8日)

バレーボール部です。

【試合結果】

亜細亜大学 3-2 桜美林大学
21-25
25-17
22-25
25-23
15-10
 
【試合経過】
序盤から競った展開となり、フルセットにもつれる試合となりました。
最後は粘り勝って2勝目を挙げることができましたが、サーブミスなど反省すべき課題が多く見つかった試合でした。
課題の克服に向けて練習に取り組み、残り3戦を全勝で終われるよう頑張ります。

次の試合は5月13日(土)、Aコート2試合目で宇都宮大学との対戦です。(第1試合開始11時~)
会場は慶應義塾大学日吉記念館(入場無料)です。

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

春季関東2部リーグ戦(第7日)



バレーボール部です。

関東大学2部リーグ戦第7日が行われました。

【試合結果】

亜細亜大学 3-1 平成国際大学
27-25
22-25
25-22
25-17
【試合経過】
第7日目の相手は平成国際大学でした。
第1セットはデュースにもつれる接戦となりますが、粘りを見せてこのセットを奪います。

第2セットは、序盤から相手エースの攻撃を止めることが出来ず、差が開きます。
中盤以降に巻き返し、拮抗した展開となりますが、終盤に手痛いミスが出て、このセットを落とします。

しかしながら第3,4セットは、多彩な攻撃で相手を突き放す展開となり、セットカウント3-1で今リーグ初勝利をおさめました。

次の試合は4月30日(日)、Bコート第1試合目で桜美林大学との対戦です。(試合開始11時~)
会場は亜細亜大学体育館(入場無料)です。
引き続き、応援よろしくお願い致します。
 

春季関東2部リーグ戦(第6日)


バレーボール部です。

関東大学2部リーグ戦第6日が行われました。

【試合結果】

亜細亜大学 0-3 駒澤大学
16-25
13-25
19-25

【試合経過】
第6日目は、今大会全勝と勢いに乗る駒澤大学でした。第1セット序盤は、なんとか食らいつくものの中盤で離されセットを落とします。第2,3セットと相手の強烈なサーブが走り、苦しい展開が続く中、ベンチメンバー14人中12人を起用し総力戦で挑みますが、終盤での大事な1点が取れずセットカウント0-3で敗れました。
今後の課題として、守るだけでなく攻める姿勢を忘れず、後半戦も一致団結して頑張ります。

次の試合は4月29日(土)、Aコート第1試合目で平成国際大学との対戦です。(試合開始11時~)
会場は亜細亜大学体育館(入場無料)です。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。
 

春季関東2部リーグ戦(第5日)

 

バレーボール部です。

関東大学2部リーグ戦第5日が行われました。

【試合結果】
亜細亜大学 0ー3 慶應義塾大学
16-25
24-26
18-25

 
 
【試合経過】
第5日の相手は慶應義塾大学でした。
序盤から相手の高い攻撃を止めることができずリードを許す展開に。
苦しい局面を打開すべく、途中からセッター井上(経済1・No.31)を起用すると、多彩なトスワークでリズムをつくります。
その流れで第2セットはデュースまでもつれる接戦になりますが、最後の1点が決めきれず、ものにできません。
第3セットも奪われ、0-3で敗れました。

次の試合は4月23日(日)、Bコート第3試合目で駒澤大学との対戦です。(第1試合目は11時試合開始)
会場は国際武道大学3号館体育館(入場無料、土足禁止)です。

苦しい戦いが続きますが、まずは1勝を目指して頑張ります。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

春季関東2部リーグ戦(第4日)

バレーボール部です。

関東大学男子2部リーグ戦第4日が行われました。

【試合結果】

亜細亜大学 0 対 3 大東文化大学
29-31
20-25
21-25
【試合経過】
第4日の相手は大東文化大学でした。亜大は序盤から勢いに乗り点差を開くものの、中盤以降にミスなどで追いつかれ一進一退の攻防に。第1セットは先にセットポイントを迎えるも決めきれず、30点を超える熱戦になりますが、最後は粘り負けでこのセットを落とします。第2・3セットも序盤こそリードを奪い優位に進めるも、やはり中盤以降に逆転を許す展開となり、結果、0-3のストレートで敗れました。
チームとしての課題は明確なので、次の試合に向けてチーム全員で課題を共有し、勝利を目指し練習に励みます。

次の試合は、4月22日(土)、Bコート第2試合目で慶應義塾大学との対戦です。(第1試合は11時試合開始)
会場は国際武道大学3号館体育館(入場無料、土足禁止)です。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

春季関東2部リーグ戦(第3日)



バレーボール部です。

関東大学男子2部リーグ戦第3日が行われました。

【試合結果】

亜細亜大学 0 対 3 国際武道大学
24-26
19-25
24-26
【試合経過】
第3日の相手は国際武道大学でした。序盤から持ち前のサーブが走り、リードする展開が続きますが、中盤に細かいミスが続き、相手にリズムを持っていかれてしまいます。亜大も終盤までついていきますが、大事なところで点が取り切れません。
すべてのセットで接戦となりますが、結果はセットカウント0-3という悔しい結果となりました。

応援して下さった皆様、ありがとうございました。
今後とも暖かいご声援よろしくお願い致します。

次の試合は、4月16日(日)、Bコート第3試合で大東文化大学との対戦です。(第1試合は11時試合開始)
会場は立正大学熊谷キャンパス「スポーツキューブ」です。
入場無料、土足禁止のため要スリッパ等。

引き続き、応援よろしくお願い致します。

春季関東2部リーグ戦(第2日)

バレーボール部です。

関東大学男子2部リーグ戦第2日が行われました。

【試合結果】
                    18-25
亜細亜大学 0   17-25   3 青山学院大学
                    18-25

【試合経過】
前年度秋季リーグ優勝校、青山学院大学との一戦。 序盤から相手の速いクイック攻撃や強力なサーブ、高いブロックに苦しみ、終始リードを許す展開に。点差を詰めるべく亜大もサーブで攻めますが、力みもあってミスが続き、自分たちのバレーが思うようにできませんでした。
結果、ストレートで敗れ、0勝2敗となりました。

中原涼主将(経済4)コメント
「格上相手に萎縮してしまったところもあり、実力を出しきることができなかった。格上相手だからこそ、最高のパフォーマンスを発揮して戦わなければいけなかったが、メンバーに新入生が多い『若いチーム』の弱さが出てしまった。もっとチーム内でのコミュニケーションをはかり、次の試合からは自分たちの良いリズムで戦えるようにしていきたい。残り9戦、勝ちにこだわってやっていきたい」

次の試合は4月15日(土)、Aコート第3試合で国際武道大学との対戦です。(第1試合は11時試合開始)
会場は立正大学熊谷キャンパス「スポーツキューブ」です。

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ