戻る4年一貫のサポート

大学の「学び」を「なりたい自分」へ、 親身で丁寧なサポートを4年間トータルで実施。

学生生活は、将来の自分をデザインするための大切な時間でもあります。大学の「学び」を「なりたい自分」へつなげるために、キャリアセンターでは入学時から4年一貫の多彩なキャリア・就職支援プログラムをご用意しています。

1年次 1年次

「働く」ってどういうこと? なりたい自分の基礎をつくろう

亜細亜大学のキャリア教育は、1年次からスタートします。3年生になって就職を意識するのではなく、入学時から皆さんが自分の将来に向けた大学生活のグランドデザインを描くことで、充実した大学生活を過ごし、それが就職力のアップにつながると考えているからです。

そのための教育ツールとして、本学では「キャリアデザインガイド1」を新入生全員に配付し、キャリアガイダンスを行っています。これは1年生向けのテキストで、「自己認識」「職業的探索」「キャリアデザイン」を3つの軸としています。

「自己認識」で適性検査などを通じて自己理解を深め、「職業的探索」では社会にはどのような職業があるのかツールで調べたり、働く現場を実際に訪問することで、自分の強みが活かせる職業をイメージし、「キャリアデザイン」でなりたい自分になるための学生生活のグランドデザインを描いていきます。

またキャリアセンターでは、1年生を対象に、職業興味検査と一般職業適性検査を行っています。長所を伸ばし、短所を意識して少しでも改善するよう努力するための参考データとして活用します。

  • インターンシップガイダンス
  • 職業興味検査
  • 職業適性検査

2年次 2年次

自分の強み、興味・関心を「仕事」につなげよう

「学び」は読み書きだけではありません。キャリアセンターでは「インターンシップ」や「大学生のための社会見学会」を実施し、仕事の現場を訪ねることで、その仕事の役割と仕組みについて理解を深める機会を学生に提供しています。

好奇心をもっていろいろな場所に出かけたり、さまざまな人と出会うことは、学生の人間としての奥行きを深め、そしてその体験が、将来の夢や目標の礎(いしずえ)となって人生や職業を選択する時の大きな力になると考えているからです。

  • インターンシップガイダンス
  • 職業興味検査
  • 職業適性検査

3年次 3年次

自分の強みを理解して、めざす職業を探してみよう

大学生活も後半を迎え、いよいよ就職活動が始まる時期。
企業の採用試験に向け万全の準備を整えるため、毎月対策講座や全体ガイダンスなどを多数開催しています。また、ゼミ・クラブ・友人などのグループで実施する「グループ相談」も展開し、就職活動を通じて情報共有を図り、就職に対する疑問や悩みの解消を促進していきます。

目指す業界・職種を調べるには、3年生の就職活動支援ツール「キャリアデザインガイド 3」が大いに役立ちます。内容は、自己分析に始まり、業界・企業・職種の研究や、選考試験の対策として、エントリーシート、筆記試験、面接対策などの情報が掲載されています。相談のツールとして全学生に配付し、個々の就職活動を強力にバックアップします。

就職活動の本番シーズンを迎える前に、3年次の後半からはガイダンスに加えて、「業界研究会セミナー」「グッドカンパニーフェア」などの合同企業説明会や、OB・OGによる「卒業生との語らい」、活動を終えたばかりの先輩から最新の就職情報をキャッチできる「内定者と語る会」などの就職支援イベントが実施されます。それらを一つ一つクリアしていくとことで、学生の皆さんは就職活動で必要な力を自然と身につけ、選考の開始時期には自信を持って準備を整え活動できるようになります。

4年次 4年次

いよいよ就職活動本番! 自信を持って行動しよう

就職活動は、他人と比べるのではなく、焦らずに自分の納得のいく企業選びをすることが成功につながります。キャリアセンターでは、卒業まで個別指導を継続して行い、学生一人ひとりの就職活動をあきらめずに最後まで支援します。

 

〈2017年3月21日更新〉