留学・国際交流

戻る【AUGPイギリスレポート②】ホームステイとイギリス文化

亜細亜大学グローバルプログラム(AUGP)イギリス

亜細亜大学グローバルプログラム(AUGP)イギリスの留学レポート第2弾です。今回もAUGP現地リポーターの国際関係学部多文化コミュニケーション学科の五十嵐さんにホームステイ先での様子や週末の旅行先について、写真を交えて報告していただきます。

<本場のアフタヌーンティー>
 先週の土曜日にイギリスで有名なBettysCafeで本場のアフタヌーンティーを体験しました。BettysCafeはイギリスで何店舗かお店を構えています。その中でもリーズから電車で約30分のところにあるイルクリーの店舗に足を運びました。
 イルクリーは自然豊かな街で、ハイキングを楽しみました。往復2時間のハイキングを終えた後のアフタヌーンティーは格別でした。

<ホストファミリーに日本料理を>
 普段は食事を提供してくれるホストファミリーに日本料理をふるまいました。メニューは、日本から持ってきた焼きそばとインスタントのお味噌汁です。美味しいと喜んで食べてくれたのでよかったです。
 リーズ市内にも日本料理店は数店舗ありますが、イギリスではタイ米が主流なので日本のようなもちもちの食感のお米が食べられないのが残念です(笑)

<海辺の街 ブライトン>
 先週の日曜日には、他大学の日本人学生と3人でブライトンの近くにあるビーチーヘッドに行きました。ロンドンから約1時間半のところに位置しているイギリス南東部の街、ブライトンは、リーズから片道7時間半もかかりました。
 私たちは夜行バスで向かい、朝8時にブライトンに到着しましたが、帰りの時間も考慮するとあまり時間がなく、予定していた観光名所はすべて見ることができませんでした。しかし、石灰岩が削られてできたこの岩の連なりは、本当に絶景でした。

以上

国際交流課

<2017年02月28日 11時08分>