在学生の方へ

戻る海外研修・旅行での注意喚起

夏季休暇中に海外での研修や旅行などを計画している人もいると思いますが、テロ等の治安情勢を踏まえ、犯罪やトラブルに巻き込まれないように安全対策に十分注意してください。治安情報が良い地域でもトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

海外渡航を計画する際は、いざという時に在外公館等から緊急時情報提供を受けられる外務省海外旅行登録システム「たびレジ」にて緊急連絡先登録を行いましょう。
また、出発前に、渡航先の国・地域の最新の海外安全情報を確認しましょう。
 
犯罪被害事例や防犯対策などを下記に紹介しますが、問い合わせや詳細は外務省のホームページで確認してください。
 
◆犯罪被害事例
1.スリ、置き引き、ひったくり
2.睡眠薬強盗
3.いかさま賭博
◆防犯対策など
1.貴重品や多額の現金は持ち歩かない。人前で多額の現金は見せない。
2.レストラン等では手荷物を放置したまま席を離れない。
3.バッグ類は車道の反対側に持つようにする。
4.単独での外出はできるだけ控える。
5.生命・身体の安全を最優先に考え、ひったくり等の犯罪に遭った場合には抵抗しない。
6.万一に備え、海外旅行保険に加入しておく。
 
<問い合わせ先・「たびレジ」登録>
▽外務省領事局 領事サービスセンター(海外安全相談班)
℡03-3580-3311(代表)
▽外務省海外安全ホームページ(※各国の詳細・最新の安全情報はこちらを御覧ください。)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/
 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
▽外務省海外旅行登録「たびレジ」(3か月未満の渡航の場合)
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

<2017年07月25日 09時00分>