大学紹介

戻るChallenge ASIA - Vol.08 -

人生の節目を祝う魅力を高校生に伝えたい

大久 未留 さん(OHISA Miru)、齊藤 愛 さん(SAITO Ai)
ホスピタリティ・マネジメント学科4年

2人が所属するのはホスピタリティ・マネジメント学科にあるブライダル業界を専攻する五十嵐ゼミ。今年度、大久さんはじめ卒業を控えた4年生12人は卒業研究の一環で、高校生に結婚式の魅力を伝える企画に取り組みました。

△田無工業高校では生徒さんと模擬披露宴を行った

 ”進学か就職”か。分岐点に立つ高校生を対象に、次世代の顧客として市場調査も兼ねたもので、実際に東京電機大学高校、立川女子高校、田無工業高校の3校に赴きました。

高校生と先生を前に結婚式の魅力を語るのは初めての経験。「予備知識のない方に一から分かりやすく物事を伝えるのは、思いのほか技術を要しました」と語るのはゼミ長の大久さん。各校からのリクエストや持ち時間に合わせ、都度の調整や発表方法を練り上げました。

発表にあたり工夫した点は、結婚式自体の良さよりも、結婚式という場で「想いを伝えることの良さ」を表現したこと。齊藤さんたちは「結婚や結婚式を選択しない道もありますし、ほとんどの生徒さんにとっては少し先の話です。まずは関心を持ってもらうこと」を念頭に構成したそうです。

「今回の企画を通して実感したことは「伝える≠伝わる」ということです。関心を引きつつ、こちらが伝えたいことを如何にうまく発信するか。五十嵐先生の指導を仰ぎつつ精度を高めていきました」そして「生徒さんの反応や声を直に収穫できたことは大きかったです。今後の市場の動向を垣間見られた気がします」と2人は振り返ります。

4年生の取り組みを後輩たちが見つめ、次の学修の場に繋げてほしい―。実はそんな想いも込められた卒業研究となりました。
 

〈2018年2月8日更新〉