大学紹介

戻る学長あいさつ_

アジアの未来に飛躍する
創造的人材を輩出する大学に

はじめに
栗田充治学長の後任として、10月1日より学長に就任致しました大島正克です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。栗田学長のもとで副学長を3年間務めさせて戴きました。栗田学長は、2015年度末に、今後10年間を見通した亜細亜大学中長期計画「アジア未来マップ2025」を策定し、第1期3カ年中期行動計画を推進して来られました。私は引き続き「アジア未来マップ2025」の成就のため、10月1日の就任挨拶時に、第2期3カ年中期行動計画を発表させて戴きました。この3年間、第2期3カ年中期行動計画の実現に向けて尽力して参ります。10月1日から円滑にスタートするために、栗田学長と共に8、9月にかけて連日、第2期3カ年中期行動計画並びに平成31年度予算計画などを検討し策定して参りました。これまでは新学長が就任してから3カ年計画の策定を始めておりました。学長が代わるたびに計画の内容も変わり大学運営としては首尾一貫を欠くところもなかったとはいえず、またその策定期間中は業務も滞りがちでしたが、今回は前学長と現学長との引き継ぎが円滑に運び、業務が滞ることなく首尾一貫したスタートができました。

第2期3カ年中期行動計画の実現に向けて
亜細亜大学中長期計画「アジア未来マップ2025」は、ミッションとして、建学の精神「自助協力」のもと「多様な夢に挑み、アジアの未来に飛躍する創造的人材の育成」を掲げています。さらに、そのミッションを受けて、10年後の亜細亜大学の将来像として、四つのビジョンを掲げています。すなわち、「アジア交流の拠点となる」「「個性値」を伸ばす」「学生を生涯応援する」「社会に貢献する」です。このミッションとビジョンのもと、第2期3カ年中期行動計画がスタートします。
2031年には、18歳人口が100万人を切ります。今から2031年体制に対応できるように準備しておく必要があります。社会からは、グローバル化に対応できる人材が一層求められます。さらに、2020年度からは、1979年以来の共通一次・センター入試という40年続いた入試制度から、次の30~40年を見据えた新しい入試制度が始まります。以上のような状況認識のもとに、第2期3カ年中期行動計画としては、大きく以下の3点を重点課題として掲げています。
1.グローバル人材育成を一層推進します。
2.「教育の亜細亜」の学修成果の可視化を実施します。
3.2023年度に学部新設や改組が可能な体制を確立します。

ビジョンを具現化する重点行動施策とは
ビジョンを着実に具現化するためのアクションプランとして、「国際化」「教育・研究活動」「学習環境・支援」「社会連携」及び「大学運営」の五つの施策を示していますが、その中で特に重視している施策は以下の通りです。

●国際化施策として、AUAP制度運用チームを立ち上げ、新AUAPとしてより魅力ある留学教育プログラムを創ります。
●教育・研究活動施策として、本学の個性および魅力の一層の向上のために、学部学科再編の検討を始めます。併せて、大学院の改革の検討を2019年度末までに策定します。成績指標GPAの実態検証を行い、学修成果を高める支援体制を整えます。一人ひとりの学生の取り組みと成長を把握し、初年次教育、留学、アクティブラーニングの充実化により教育効果を増進します。全学部3・4年次の演習(ゼミ)必修化を実現します。
●学習環境・支援施策として、退学率の全国平均以下を達成します。学生の努力や活躍を広く讃えるため、学長・学部長による表彰制度を充実させます。キャリア教育を徹底し、進路決定率90%超を実現するための全学体制を整備します。学友会執行部との連絡協議会を重要な意見交換の場として重視し、課外活動の活性化を一層推進します。
●社会連携施策として、本学生による地域の少年少女を対象に実施しているスポーツや文
化活動の指導などを支援し、地域の青少年の心身の健康とスポーツ競技の能力向上並びに地域の文化活動への貢献を一層進めます。特に2020東京オリンピック・パラリンピックに向け、「アジア自助協力プロジェクト」が中心となり、ボランティア希望学生1,000名の育成・登録を進めます。
●大学運営施策として、ガバナンス機能の強化を図り、職員の人材育成制度を構築し、戦略的広報活動を強化し、安定的な財政基盤の構築に尽力します。とりわけ「亜細亜大学」ブランドを学内外へ積極的に発信する環境を確立します。

おわりに
私は本学に奉職して38年目になります。専門は会計学です。国際会計、環境会計、管理会計などの分野を対象としています。広い意味で企業(大学も含みます)などの組織が円滑に発展するための学問です。浅学の身ではありますが、私の専門分野が亜細亜大学の発展のために多少なりともお役に立てれば幸いです。
学生・卒業生や教職員の皆様、保護者の皆様、地域社会の皆様のご協力を戴きながら、第2期3カ年中期行動計画の実現に向けて取り組んで参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

〈2018年10月1日更新〉