大学紹介

戻る国際化施策 具体的取り組み

(1)国際交流振興基本方針の策定

  1. ①国際交流、国際化施策の基本方針を国際交流審議会の下、AUAPリニューアル終了後、策定します。
  2. ②AUAP制度運用チームを立ち上げ、新AUAPとしてより魅力ある留学教育プログラムを創ります。
  3. ③AUAP30周年記念事業としての「AUAP30周年記念誌」を作成します。

(2)教育の国際通用性の向上

  1. ①日本人学生と外国人留学生との交流を充実させ、キャンパス内外での異文化理解を促進するプログラムの拡充を行い、国際交流ボランティア(日本コンシェルジュ)制度を構築します。
  2. ②海外提携大学に2万人の留学派遣実績という資産を活かし、AUCP、AUGP、AUEP、及び海外インターンシップの円滑な運営と充実を図り、グローバル人材を育成します。

(3)外国人留学生受入体制の充実

  1. ①外国人留学生へのキャリア支援と就職支援の充実に向けた外国人留学生のキャリア教育プログラムを推進します。
  2. ②「亜細亜大学ASEAN留学生ジャパンプログラム(略称)ASEAN-JAPANプログラム」を推進します。

(4)海外学術交流協定等のネットワーク構築

  1. ①大連外国語大学とのシンポジウムに引き続き東西大学校(釜山)との共同研究及び研究者交流に着手し、本学・大連外国語大学・東西大学校の日中韓三大学によるアジアンキャンパスを実現します。
  2. ②AUPF(アジア学長フォーラム)の成果を活かし、大学間アライアンスを結び、海外留学やインターンシップに活用します。

〈2019年4月1日更新〉