大学紹介

戻る大学運営施策 具体的取り組み

(1)ガバナンス機能の強化

  1. ①理事会を補佐する、重要事項最終決定機関である常勤理事会の位置づけを、さらに明確にします。
  2. ②公的研究費については、コンプライアンス委員会でPDCAを実行し、学園全体のコンプライアンス体制を整備します。
  3. ③監事、会計監査人と業務監理室が相互に緊密な連携により、内部監査の強化を図ります。

(2)職員の人材育成制度の構築

  1. ①業務の高度化・多様化に対応可能な人材育成及び高度専門能力の養成として、SDの体系的研修制度を構築します。
  2. ②新人事制度を2019年4月に実施し、定着を図ります。
  3. ③事務職員の人員計画を2019年度に策定し、組織の見直しに入ります。

(3)戦略的広報活動の強化

  1. ①「亜細亜大学」ブランド確立のために、戦略的な広報を実施します。
  2. ②「亜細亜大学」ブランドを学内外へ積極的に発信する環境を確立します。

(4)安定的財政基盤の構築

  1. ①3カ年財政計画のシミュレーションに基づき、予算編成方針を策定します。この方針に基づき、各部局に対して重点課題を提示し、詳細なヒアリングと査定を実施して、より厳格に予算編成を行います。
  2. ②予算執行にあたって、稟議決裁の段階で詳細に検討を行うことにより、予算を執行の段階でさらに精査する管理体制を構築します。

〈2019年4月1日更新〉