大学紹介

戻る青々会東北連合会総会(7月30日)

講演者の勝部修氏と栗田学長

盛岡芸妓さんの舞

集合写真

 7月30日(土)、青々会東北連合会の総会・懇親会が岩手県盛岡市内のホテルで開催されました。
 東北6県の支部代表の方々と岩手県支部会員あわせて約40名の方々が参集されました。
 
 この日はまず、一関市長 勝部修氏(昭和47年度法学部卒業)が「ILC誘致がもたらす東北の活性化」と題し、講演されました。ILCとは「インターナショナル・リニア・コライダー」の略で、新素粒子を発見・解析するための巨大な加速器実験施設を北上高地の地下に建造するという計画案で、その全長は50kmに達する壮大なものです。
 この一大プロジェクトの誘致と、それに付随する地域産業振興等に勝部氏は熱意を燃やしていらっしゃいます。

 講演会と総会の後は、会員相互の懇親会です。現在ではたった7人になってしまった盛岡芸妓の皆さんが舞を披露してくれるなど、会は大いに盛り上がりました。
<2016年08月02日 09時56分>