大学紹介

戻る亜細亜大学ジャパンプログラム来日歓迎会(8月23日)

 海外からの留学生に日本語や日本の文化・社会などを学んでもらう短期プログラム「亜細亜大学ジャパンプログラム(AUJP)」に、この夏はインドネシアの留学生が参加してくれています。
 このプログラムに参加しているのは、インドネシアから来日した11名の学生達。折からの台風の影響もあり、航空機の遅延があり、来日が危ぶまれたりもしましたが、無事に亜細亜大学に到着した一行は、歓迎会に臨みました。
 栗田学長からは、「日本の心の文化である、【おもてなし】や【もったいない】といった日本語の意味もぜひ学んでください」との言葉が述べられました。
 留学生たちは、9月12日までの日程で、日本語の学習だけではなく、高尾山登山、茶道体験、企業見学などさまざまなアクティビティに挑戦します。
<2016年08月26日 13時44分>