大学紹介

戻る都市創造学部シンポジウム(7月14日)

 7月14日、新宿 京王プラザホテルにて、都市創造学部シンポジウムが開催されました。
 基調講演では、武蔵野市長の邑上守正市と オーストリア大使館商務部 副商務参事官補のマルセル・ラージンガー氏が登壇し、それぞれ「大学と自治体とのコラボビジネスとまちづくり」「オーストリア政府と大学のビジネス協業」についての話題提供がありました。
 このシンポジウムに参加していた学長は会の冒頭で「本学は武蔵野市、日の出町をはじめ、自治体と包括協定を締結し連携事業を展開しています。引き続き自治体のみならず、企業の皆様とも連携を強化していきたいと思います。」と挨拶を述べました。
 基調講演の後は、都市創造学部の紹介やパネルディスカッションも行われ、さまざまな知見が披露されました。
 会の終了後も、参加者と講演者やパネリストとの名刺交換が引きも切らず、今後の多方面でのコラボビジネスや新たなまちづくりの展開を期待させるシンポジウムとなりました。

<2017年07月19日 15時22分>