大学紹介

戻る亜細亜大学におけるSDGs

亜細亜大学SDGs宣言

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。「誰一人取り残さない(No one will be left behind)」社会の実現を目指し、政府組織のみならず社会のあらゆる主体が積極的な役割を果たすことが期待されています。

日本及びアジアの発展に貢献できる人材育成を教育理念に掲げる本学が、貧困、人権、環境などさまざまな問題や課題を抱えている国際社会、とくにアジア諸国・地域において果たす役割は大きいと考えます。

亜細亜大学として「今からできること」から取り組みを始め、SDGsの達成に貢献することをここに宣言します。

  1. 1.亜細亜大学は建学の精神「自助協力」及びミッション「アジア地域を中心に国際社会の発展と平和に貢献する人材の育成」を実践しながら、教職員と学生のSDGs意識を醸成し、地域社会や国際社会においてSDGsに貢献する人材を育成します。
  2. 2.アジア諸国・地域の貧困、人権、環境などの問題や課題解決に向けた教育・研究活動を積極的に行います。
  3. 3.大学を取り巻くあらゆるステークホルダーとの連携により、SDGsへの取り組みという社会的役割を果たします。

2022年7月1日

亜細亜大学

学長 永綱 憲悟


SDGs(Sustainable Development Goals<持続可能な開発目標>)とは
持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
 

SDGs関連科目

▼アイコンをクリックすると関連科目一覧に移ります

PICK UP! ~正課科目における取り組み~

国連を中心とした国際機構の活動目的、組織、権限などに関する理論、および、安全保障、人権・人道、開発、環境などの各分野における国際機構の活動の実態とそれを支える法について学習します。この科目は、具体的な国際問題を取り上げ、その問題にどのように国際機構が関わっているかを調べ、その問題を解決するための方法を考え、国際法・国際機構法に基づいた判断を出せるようになることを目標としています。SDGsに関しては、開発援助活動について学習する際に、国際的な開発政策としてSDGs全般について学習します。
   

新大陸の多人種文化混合の中から、メインであるヨーロッパ音楽に対してのサブカルチャーとして誕生したジャズやR&Bは、虐げられた黒人表現として常にメインに対して新しい価値観を提示し、そこから生まれたロックンロールは世界に影響を与えるメインカルチャーにまで進化しました。そのジャズとロックンロールの変遷をたどりながら、人権問題、南北戦争、太平洋戦争、公民権運動、ベトナム戦争と音楽の関わりなどを解説します。若者に親しみやすい音楽と関連付けて、過去から現在まで続く人種問題を取り上げていきます。
 

       

学生によるSDGs活動(一例)

現場は未来への課題を教えてくれる

多文化コミュニケーション学科の専門科目「体験で学ぶ地球環境論」の受講生および有志学生、関係者を含む88人が5月29日に認定特定非営利活動法人「富士山クラブ」の指導のもと、静岡県裾野市十里木地区を拠点に富士山の清掃活動を行いました。

学生たちはあらかじめ、ゴミや外来生物問題について学び、実習に向けての基礎認識を高めたうえで活動に参加します。当日は、作業時の安全確保やゴミの分別方法などの説明を受けた後、グループに分かれて作業を開始しました。同科目を担当する登山家の野口健特別招聘教授も同行し、学生たちと一緒に清掃活動に当たりました。

足元や感染症に細心の注意を払いながら、山中に入った一行は、大型家電の残骸や梱包材、年代物のオーディオ機器、鉄材など様々な不法投棄物を掘り起こし、回収しました。「こんな山奥になぜ?と思うほど大量のゴミが散らばっているのを見てびっくりです」と異口同音に感想をこぼす参加学生たち。車道から投げ捨てられたゴミが傾斜や雨で山奥まで移動し、広範囲にわたって森が汚されている現場を目の当たりにしました。

清掃活動終了後には野口教授と富士山クラブのスタッフから参加学生に向けて「授業やニュースなどで得られる二次情報だけではなく、ぜひ現場に足を運び自分の目で見て体験することで得られる物事を大切にしてください。現場は未来への課題を教えてくれます。考えること、そして身近なアクションを積み重ねることで、皆さんや子どもたちの未来はより明るくなります」というメッセージが贈られ、一人ひとりが当事者意識をもつ重要性が説かれました。


◆バックナンバー


〈2022年7月1日更新〉