学部・大学院

戻る履修モデル:フードサービスビジネス

フードサービスの世界の広がりと奥行きを学習します。

あらゆるおもてなしの基本はフードサービスにあります。フードサービスは、すべてのホスピタリティビジネスの中核的要素です。ホスピタリティの様々な分野は、フードサービスを軸にしてみな繋がっています。

1年次

ホスピタリティマネジメント概論 フードサービス実務論
ホスピタリティサービス研修 フードサービス研修Ⅰ
フードサービスマネジメント論  

フードサービスの世界とそれを支える様々な業界を知ります。

フードサービスの世界に知的興味と関心がもてるように、幾つかの手掛かりを学習します。フードサービスには、日常的な食を担うレストラン業もあれば、非日常の宴席・パーティ、健康維持やアスリート対応といった目的食の提供もあります。

2年次

ホスピタリティサービス論 フードサービス研修Ⅱ
ホスピタリティ基礎演習 フード文化論
ホスピタリティ特論(フードサービス)  

フードサービスビジネスの設計法を学習し、設計能力の修得を目指します。

フードサービスビジネスの観察と分析法を身につけたいと思います。自分で一つのビジネスネスモデルを構築するとともに、多様なフードサービスビジネスの観察を通して、斯界への関心を磨きます。

3年次

ホスピタリティマネジメント特別講義 フードサービスインターンシップ
ホスピタリティ応用演習 ワインサービス論
メニュープランニング フードプロデュ―ス論
トップマネジメント特別講義  

フードサービスビジネスでの自分の構想を具体化し、思考実験します。

自分の企てたビジネスネスモデルを現実の社会の中に置いて、その実現性、有効性を検証してみたいと思います。講義科目、演習、インターンシップなどを活用して、第一線の企業人と交流し学習する機会も増えていきます。

4年次

ホスピタリティ総合演習 ホスピタリティビジネス特講Ⅰ

自分の構想を取り纏め、第三者に伝える技術を習得します。

2年から取り組んできた演習論文の仕上げと、パワーポイントによるプレゼンテーションの完成度を高めます。論文では、論点の理路整然性、説得力が、プレゼンテーションでは、画面構成の巧みさ、人を引き付ける話法が伴っているかが問われます。

〈2018年5月18日更新〉