学部・大学院

戻る履修モデル:トラベルビジネス

旅行産業の現状と課題、今後の在り方を考えます。

旅行はその構成要素として、運輸、宿泊、飲食、地理・歴史・民俗といった幅広い分野を含みます。そうした広範な知識の習得や実務基礎英語の学習を通して、少子高齢化と過疎過密を抱える日本の活性化までを考えます。

1年次

ホスピタリティマネジメント概論 トラベル研修Ⅰ
トラベル実務論  

旅行業およびその関連産業の概要と基礎知識を学びます。

旅行産業のあらましと基本知識を実務論の講義で学び、あわせ研修では実際のパッケージ旅行を購入・体験し、消費者・旅行企画者双方の視点からあるべき旅行商品を考えることによって、理論と実践の融合を目指します。

2年次

ホスピタリティ基礎演習(トラベル) トラベル交通論
ホスピタリティ特論(観光政策) トラベル研修Ⅱ

研修Ⅱでは世界遺産を含む海外旅行へ参加、成果を発表する等、さらに学習を深めます。

産業の大きな構成要素である運輸交通、観光政策の現状と課題を学びます。演習では実務英語の学習と「観光ホスピタリティ読本」の購読を行い、後期には3年次に実施する留学生向けツアーの企画・立案・コンペを実施します。

3年次

ホスピタリティ応用演習 トラベル・インターンシップ

留学生向けの日帰り旅行の実施と卒業論文への準備

前期は、国際交流センターとの連携により留学生向けの日帰りツアーを実施、広報を通じて全学に成果を発表します。後期は、夏休みに実施したインターンシップの報告会を行い、ついで卒業論文の準備を始めます。

4年次

ホスピタリティ総合演習  

まちづくり・まちおこしをテーマにした卒業論文の作成・完成

3年次後期から検討を進めてきた「××市(町)をこうして活性化する」を順次発表し、全員で討議・検討します。3年間の集大成として15,000字の論文を完成させ、卒業時には当該の地元観光協会に提出できるまでの内容・水準をめざします。

〈2018年5月18日更新〉