学部・大学院

戻るインタビュー実践!

1年次前期のオリエンテーション・ゼミナールの中心は「インタビュー実践!」。社会で活き活きと働く「仕事人」(ビジネスパーソン)へのインタビューを試みます。

「インタビュー実践!」が目指す就業力5つの力

「就業力」とは、単に就職するための能力ではなく、就職後に従事する仕事に自主的・積極的に取り組むための力のことです。オリエンテーション・ゼミナールで新入生は、就業力育成プログラム「インタビュー実践!」を通し、5つの力を身につけていきます。

聴きとる力

インタビューする相手の考え方を的確に聴きとる訓練を重ね、コミュニケーションにおける受信の大切さを学びます。

文章を作る力

インタビューの結果を記事にし、学外・学内の専門家たちからの徹底的な添削指導を受けることにより、文章作成のコツを自分のものにします。

行動する力

インタビューをする相手の選定、アポイント、インタビュー、記事作成のすべてを学生が主体的に行動してやり遂げ、「行動する力」を体得します。

自立する力

社会人に対するを準備し、実践することにより、自立した個人としての自分を形成する足がかりをつかみます。

生きぬく力

人生の先輩である社会人へのインタビューは、人生における自己実現のために必要な力について具体的なヒントを与えてくれます。

オリジナル教材による十分な事前学習

インタビューの基礎はこれで固める!

インタビューの対象人物とテーマは学生自身が決め、日時の交渉や質問項目の準備などを経て行います。限られた時間内で欲しい情報をどれだけその人物から引き出すか、質問の技術はもちろん、話を聞き、その真意を見極める技術が問われます。また、インタビューでは雰囲気づくりも重要。相手をできるだけリラックスさせ、その場を楽しく盛り上げることも大切です。

インタビューの事前準備期間は、大学独自に開発したテキストに沿って「記事の書き方」や「自己分析」、更には「礼節」といった就業力を支える要素を伸ばします。テキスト後半部分には大学1年生のための「レポート力」と「プレゼン力」を習得するための実践的なマニュアルが含まれています。
※同テキストはAmazon.co.jpでも販売しています。

「インタビュー実践!」の流れ

Step 1: オリゼミ指導

オリゼミのようす

オリエンテーション・ゼミナールでは、インタビューの仕方と記事の書き方について、少人数制ゼミナールならではのきめ細やかな指導で学んでいきます。授業は経営学部オリジナルのテキストを使用。テーマ・インタビュー対象者の決定や取材交渉、質問項目の準備なども学生が自分で行います。

Step 2: 事前準備・インタビュー実施

インタビューのようす

インタビュー本番に向け、各オリゼミでロールプレイ形式の演習も実施します。限られた時間の中でインタビュー対象者からどれだけ魅力的な話を引き出せるかが、インタビュアーの力の見せどころです。わかりやすく適切な質問をする力、相手の話を聴き取る力が試されます。
更に、マナーに注意しつつ、インタビュー対象者に自分でアポイントメントを取ります。そして当日は、適切な服装でインタビューに臨みます。

Step 3: 記事作成・添削指導

添削原稿

インタビュー実施後は、原稿を作成します。提出された記事は学外のメディア関係者2名によって添削。プロによる二重の添削指導を受ける事ができます。
更に、亜細亜大学の国語科教員による再添削も実施。記事をより魅力的なものにするためのブラッシュアップを重ねます。

Step 4: 作品集の発行

完成した記事の中から、約50作品が作品集としてまとめられます。

2014年度版作品集

2014年度版

2013年度版作品集

2013年度版

2012年度版作品集

2012年度版

2011年度版作品集

2011年度版

〈2015年4月1日更新〉