学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る法学部「就活生と内定者のための労働法」講座

100人以上の学生が熱心に耳を傾けた

法学部が就職活動を準備中の学生および、内定を得た学生を対象に、「就活生と内定者のための労働法」とした講義を実施しました。

講義は中益陽子法学部准教授が担当。前半の第1部は「就活生のための労働法」として、募集要項や面接、提出書類についてで注意してみるべき点を、さらに後半第2部では「内定者のための労働法」として内定中の義務や権利、内定辞退などについて、具体的に企業の事例や、判例をもとに解説しました。

100人を超える学生が参加し、就職に際して知るべきことを、労働法の視点から学ぶ意義深い機会でした。

 
<2014年12月12日 14時11分>