学部・大学院

戻る川又ゼミ3年生がくまモンをテーマに熊本で研究成果発表

川又啓子経営学部教授のゼミ3年生が「くまモンのNEXT STAGE」をテーマとした研究課題に取り組み、静岡文化芸術大学、立正大学と合同でその成果を発表するプレゼンテーション大会を開催しました。

本学からは川又ゼミの3年生8人が発表しました。他は静岡文化芸術大学文化政策学部森山一郎ゼミの3年生6人、立正大学経営学部木村浩ゼミの3年生6人、2年生6人。実際に熊本県へ行き、熊本県くまもとブランド推進課・課長の成尾雅貴氏をはじめとする地元関係者の前でプレゼンテーションを行いました。

経営学部専門科目のマーケティング・コミュニケーション論では、7月の講義で熊本県元東京事務所長の佐伯和典氏を講師に迎え、「くまモンに学ぶ自治体の広報戦略」というテーマで講演を行っています。

同課題研究はその講演をきっかけに始まったものです。ゼミ生は、(1)くまモンのブランド価値向上の取組、(2)くまモンと熊本の関連性強化、(3)持続可能な仕組みづくりについて調査研究を行い、大会でくまモンを利用したマーケティングの更なる向上について多方面から提案。大会の結果は、他大学を抑えて川又ゼミ生3人のチームが優秀賞に輝きました。

プレゼン大会をとおし、今後も地方自治体と大学の新たな課題解決型学習のモデル開発を目指します。

<2014年12月10日 15時00分>