学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る合格率13.4%の通関士に国際関係学科4年生3人が合格

通関士試験に、国際関係学科4年生3人が合格しました。

通関士とは、輸出入者に代わり、国際物流の正しい手続き業務を行うものです。
主に貿易の仕事を支えますが、空運、海運、陸運、倉庫業、メーカー、旅行業など幅広い分野で活躍します。

合格率13.4パーセントという狭き門を突破したのは、大和田 湧暉 君、勝倉 雄太 君、大塚 彩乃さん。

大和田君は、「合格した時は泣いた。通関士の仕事をしたいので、『この会社にこの人あり』と言われるように頑張りたい」と決意を新たにしました。
一方、受検当時、まだ就職活動中だった勝倉君は、試験直後の自己採点で、合格点に達していることを面接でアピールするし、見事内定を獲得。勝倉君は、「合格したことに満足せず、物流のスペシャリストになるため精進したい」と、勝って兜の緒を絞めました。

合格した時は嬉しさと一緒に、「解放されたと感じた」という大塚さん。「試験対策の勉強は1日平均、8時間から10時間だった」という生活の様子を聞くと、その解放感にも納得がいきます。大塚さんも、通関士の資格が生かせる会社に内定が決まっており、「通関部に配属されたい。通関士として活躍して、有名な人になりたい」と今後の抱負を語りました。

<2015年01月10日 15時58分>