学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る林君が簿記論に合格

経営学部4年生の林要輔君が、税理士の科目試験「簿記論」に合格しました。

林君は今年度、日商簿記1級にも合格。日商簿記1級と、税理士科目試験の簿記論は、出題内容に共通する部分が多いため、1級対策の勉強中に、簿記論受検もすでに視野に入れていたそうです。

そのため、今回の試験勉強は過去問題をこなし、日商1級と違う形式に慣れることにポイントを置き、見事合格を果たしました。卒業後は、関西大学会計専門職大学院に進学し、公認会計士を目指す予定。

「今までは計算を中心に学んできた。大学院では、その『計算の根底にある原理や理論』を学びたい」と林君。春からは公認会計士に向けて、新たな挑戦が始まろうとしています。

<2015年01月23日 15時10分>