学部・大学院

戻る武蔵野プレイス館長が登壇「街づくり未来塾」(第3回)

会場は毎回満席に近い状態になる

講師、市民、学生がそれぞれの視点からこれからの街づくりを考える「街づくり未来塾」が開講中です。

6月29日の第3回は、「武蔵野プレイスの4年をふりかえって」をテーマに、武蔵野プレイス館長の加藤 伸也氏が登壇しました。加藤氏は、武蔵野プレイスという図書館が図書や知識を提供するだけでなく、人々が出会い、それぞれがもつ情報を共有する交流の場として、ひいてはその交流から地域社会の活性化を図る場としての役割をもつ施設であることを紹介。その役割を果たすべく凝らされた館内のデザインや企画イベントを例に説明しました。

最終回となる第4回は7月13日(月)14時30分から。<武蔵野地域を知る~「武蔵野学」を深める>をテーマに学生チームが3回の講演をもとに発表します。これまでの講師がゲストとして参加し審議が行われる予定です。
会場は2号館227教室。予約不要・聴講無料のため、希望者は直接会場へお越しください。
<2015年06月30日 15時31分>