学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻るホスピタリティビジネス特講Ⅱ(第7回)「オリンピックとは何か」

2020年に東京で開催される「オリンピック・パラリンピック競技大会」をテーマにホスピタリティの在り方を探る「ホスピタリティビジネス特講Ⅱ」が広く一般にも開講中です。

11月5日は藤原 庸介氏(公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)理事)が外部講師として登壇しました。

戦争や政治、社会情勢と密接に関係してきた歴代オリンピックの諸相を紹介したのち、近代オリンピックの創立者・クーベルタン男爵の、言語の壁に阻まれることのないスポーツを介し「異なる国の人と個人レベルで知り合いになれば、戦争は起きにくくなる」というオリンピック開催の意図を振り返りました。観客やボランティアといった選手以外の交流も活発に図れる現代において、その意図の実現はより私たちの身近になりつつあること、開催国で掲げられるオリンピックレガシーを現実のものにするには開催国民の意思と努力に依ること、また参加者全員の平和友好への意思と努力とがオリンピックの精神的レガシーを継承する機動力であることを述べました。

外部講師を迎えての次回講義は11月12日(木)です。独立行政法人日本スポーツ振興センター審議役森岡裕策氏を迎えます。時間は16時10分から17時40分まで。 聴講希望者は亜細亜大学5号館1階511教室へ直接お越しください。 
<2015年11月06日 10時24分>