学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る川又教授のゼミ生が熊本で研究成果発表

▲3大学合わせて18人の学生が参加

川又啓子経営学部教授のゼミ3年生が11月27日、立正大学、拓殖大学の学生と合同で熊本でのプレゼンテーション大会を開催。熊本県のキャラクターくまモンを活用し、「みんなで幸せをシェアできる企画(くまモンの三方よし企画)」を提案しました。

同大会は昨年に引き続き、マーケティングを勉強する学生がゼミの研究課題として、「くまモンの三方よし企画」に取り組み、その成果を発表。熊本県くまもとブランド推進課や地元関係者を前に、本学ゼミ生はくまモンと学生食堂や居酒屋とのコラボレーションを提案しました。
「くまモンの三方よし企画」とは
くまモン、消費者、企業の3方にそれぞれメリットのある広報企画を考え、提案するもの。今大会を通し、熊本のブランド力向上に貢献するとともに、今後も地方自治体と大学の新たな課題解決型学習のモデル開発を目指します。
<2015年12月01日 12時38分>