学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る「現代市民法講座」を開催しました

亜細亜大学法学部が主催する公開講座「現代市民法講座」が12月5日、学内で開催されました。
 
この講座では「市民と法」をテーマに、本学教員と学外の専門家が講師を務め、身近な生活にかかわるさまざまな問題を取り上げて講義を行っています。
 
本年度最終回であった当日は、外部講師として小山 俊樹帝京大学文学部准教授が「戦前日本の政党政治から学ぶこと」をテーマに日本の戦前の政党政治の成り立ちと、軍事政権へと進んだ過程を辿り、現代政治との相違を検証しました。

また、本学からは大原 俊一郎法学部専任講師が登壇。「現代インテリジェンス・システムの変容-ドイツを事例に-」をテーマとして、現代の国際情勢や国内社会の変化にともなう情報機関の変容と監視国家化の現状について、ドイツを事例に挙げて講義しました。

亜細亜大学ではこの他にも公開講座を開講しています。詳細は以下のリンクからご覧ください。
<2015年12月05日 18時41分>