学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る出会いの広場(経営・経済)初日

経営学部教員の紹介

教室に別れてのオリエンテーションゼミ

経済学部の「出会いの広場」説明

班に別れて昼食をとりながらの自己紹介

本日は、学内で経営学部と経済学部の「出会いの広場」が開催されました。

【経営学部】
経営学部は、はじめに教員紹介。
高橋量一学部長からは、「大学は高校と違い、自分で時間割を作ります。なにかと不安の多い中、大学生活が始まりますが、順調にいいスタートを切れるよう願っています」とあいさつがありました。

その後、各クラスに分かれてオリエンテーションゼミが行われ、自己紹介や、先生から今後の予定などの説明がありました。

また、午後は初年次教育ガイダンスと明日行われるMESEについての説明が行われました。

【経済学部】
経済学部はキャンパス内で研修を行いました。
9時45分から512教室で、出会いの広場の説明と事務連絡があり、その後午前中は、基礎学力テストとアンケート調査が行われました。

12時ごろからは3号館の小教室で、班ごとに昼食をとりながら、自己紹介を行いました。新入生がそれぞれ名前や出身地、趣味などを話すと、補助学生が「好きな芸能人は?」「高校時代のあだ名は?」など、質問を交えて和気あいあいと進行しました。

昼食後再び512教室に戻り、14時ごろからは図書館ガイダンスが、14時45分ごろからは、キャリアガイダンスが行われました。図書館ガイダンスでは図書館の説明や、レポートや論文などを作成する際に必要な参考文献の探し方など、今後の大学生活で重要なポイントについての説明がありました。またキャリアガイダンスでは、就職の現状や本学の就職の状況についての説明があり、充実した学生生活を過ごすことが、今後の就職活動に生かされることになるので、目的意識を持って有意義な学生生活を送ってほしいとの話がありました。

経済学部は明日から2日間、鬼怒川温泉で研修を行います。
<2016年04月04日 16時59分>