学部・大学院

戻る日本経済の現状と展望(6/28)

経済学部の専門科目「日本経済の現状と展望」が開講中です。

6月28日は、内閣府政策統括官(共生社会政策担当)子ども・子育て本部統括官の西崎文平氏が、成長力強化に向けた諸課題」をテーマに登壇。グローバル化について、日本は対外的な開放度が貿易、投資、人材の順で低いので、政策・制度面でのグローバル化への対応の遅れが影響していないか、点検が必要だと指摘。また、多様な人材に活躍してもらうため、グローバル人材を受け入れる既存の人材への教育訓練投資や、組織改革が必要な旨解説しました。

次回は7月5日(火)に、日本BPW連合会理事長の名取はにわ氏を迎えます。テーマは「男女共同参画社会構築の意義と必要性」です。外部講師の登壇は、この回が最後となります。予約不要、入場無料のため聴講希望者は直接会場へ。時間は14時30分からで、会場は200教室です。
<2016年06月28日 16時00分>