学部・大学院

戻る租税論Ⅰ(10/24)

経済学部専門科目「租税論Ⅰ(東京税理士会寄附講座)」が開講中です.

本日は、は税理士の杉山耕一氏が「個人所得課税の現状②」をテーマに登壇し、所得税の計算法について解説。また、スペインやモナコの税制優遇措置による所得税率が、外国人スター選手の移籍などに影響を及ぼした例などを挙げ解説しました。次回は10月31日に、林広隆本学非常勤講師が「法人所得課税の現状①」をテーマに登壇予定。

本講義は予約不要・入場無料のため、聴講希望者は直接541教室(5号4館階)へお越しください。時間は10:40から12:10です。

 
<2016年10月24日 13時30分>