学部・大学院

戻るインターナショナル・フォーラム開講中

国際機関、外務省、NGO、報道機関、企業の国際部門、文化人など、国際分野で活躍している講師を迎える「インターナショナル・フォーラム」を開講しています。

 24日は公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟の関口 広隆氏が「アジアの棚田ー開発と共生のカナリア」をテーマに講義を行いました。

 関口氏は、日本では高齢化などによって耕作放棄が続いており、棚田が減少していると解説。その中で岡山県美作市の棚田再生策について詳しく語りました。また、耕作放棄はフィリピンなどでも始まっているとし、今後も棚田を残していく必要性とそのモデルを示しました。

 次回の講義は10月31日(月)。「テキヤと行商のフォークロアー祭りはちょっと怪しいくらいが面白い」をテーマに立教大学兼任講師の厚香苗氏が講義します。

▽時間=4時限(14時30分~16時00分)
▽会場=本学2号館200教室
受講料無料、事前申し込み不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2016年10月24日 19時13分>