学部・大学院

戻るインターナショナル・フォーラム(11/14)

 国際機関、外務省、NGO、報道機関、企業の国際部門、文化人など、国際分野で活躍している講師を迎える「インターナショナル・フォーラム」を開講しています。

 14日は立命館大学准教授の福海さやか氏が、「ラテンアメリカの麻薬密輸」をテーマに講義を行いました。

 福海氏は、コロンビアやメキシコなどの麻薬組織について詳しく解説。麻薬カルテルが脅迫や贈賄を行う一方で、スラムへの援助や雇用の創出などを行っており、市民にとっては、生活や都市活動が麻薬カルテルに支えられていた実態を示しました。また、犯罪組織は利益追求のためにグローバル化しており、麻薬規制については今後国際的なプロジェクトで対応していくことの必要性を語りました。

 次回の講義は11月21日(月)。
「日本のなかのアフリカー在日アフリカ人の生活世界」をテーマに横浜国立大学准教授の松本尚之氏が講義します。

▽時間=4時限(14時30分~16時00分)
▽会場=本学2号館200教室
受講料無料、事前申し込み不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2016年11月14日 17時00分>