学部・大学院

戻るホスピタリティビジネス特講

ホテルで活躍している専門家を外部講師に迎え、理論と実践を学ぶ、京王プラザホテルの寄附講座「ホスピタリティビジネス特講Ⅰ」を、市民にも開放し開講中です。

11月16日は、「バーテンダーの魅力」をテーマに、同ホテル料飲部から知久和広氏と佃彬光氏を講師に迎えました。知久氏は「カクテルの作り方は4つあります。①ビルド②シェイク③ステア④ブレンドです。作れるようになるまでは、『シェイク3年ステア5年』と言われています」と解説。3人の学生が教壇に上がり、実際にカクテルの作り方を学びました。

そして、佃氏は「フレア」と呼ばれる、お酒のビンやカップをジャグリングのように扱うパフォーマンスを披露し、見事なテクニックに会場からは歓声が上がりました。

次回は11月23日(水・祝)は「サービスの品質管理」をテーマに、本学経営学部の北村靖道教授が登壇します。外部講師は11月30日(水)に、調理部レストラン調理から迎え、テーマは「調理の役割」です。市民にも開放しているため、ホテル業界に興味がある学生も、学部を問わず自由に聴講できます。会場は511教室で、16時10分から。予約不要、入場無料。希望者は直接会場へ。

<2016年11月16日 19時12分>