学部・大学院

戻る武蔵野税務署長が講義(11/17)

経営学部の専門科目の税務会計論(夏目重美教授担当)において、11月17日、中野欣治武蔵野税務署長を講師に迎えて「税を考える週間に当たって」をテーマに公開講演が行われました。当講義では毎年税務署長を迎え講演を行っています。

当日は、税の分類から税務署の仕事、国税庁の使命として、申告納税制度を支える2つの柱が解説され、なかでも納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現するための取り組みや、e-Taxについてなど、今後学生にとっても身近に関わりうる税制の仕組みが紹介されました。そのため業界研究としてだけでなく、私事として熱心にペンをとる学生の姿も多く見られました。
 
<2016年11月18日 18時54分>