学部・大学院

戻るスポーツホスピタリティ概論(第12回)

 スポーツホスピタリティの概要を把握する導入科目であり、オリンピックやパラリンピックに関与している様々な分野の方々を招聘する「スポーツホスピタリティ概論」を広く一般にも開放し、開講しています。

 第12回となる12月15日は、スポーツ庁審議官の木村徹也氏が登壇。「2020年を超えて『スポーツの力』を日本から世界へ」をテーマに講義しました。

 木村氏は、スポーツ庁の創設経緯や組織概要、ミッションに触れ、第2期スポーツ基本計画(案)の方針「スポーツで『世界』とつながる!」について詳しく解説しました。
 「スポーツの力」を発信するために行っている様々な事業のなかで、スポーツを通じた国際交流・国際協力の戦略的展開である「SPORT FOR TOMORROW」を紹介。この事業は日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業であり、世界のよりよい未来を目指し、開発途上国などにスポーツの価値を伝えていくものであると語りました。

 次回は12月22日(木)。早稲田大学スポーツ科学学術院教授の間野義之氏が登壇します。

▽時間=5時限(16時10分~17時40分)
▽会場=本学5号館511教室
受講料無料、事前申し込み不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2016年12月15日 18時01分>