学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻るスチューデント・カンパニー2社が活動中

会社経営の実践を通して意思決定の大切さと経済社会の仕組みを学ぶ、AUSCP(Asia University Student Company Program)で、今年は株式会社Smile(スミレ)と株式会社GWMの2社が活動しています。

プログラムは一株100円の株式を100株発行し、1万円の資本金を元に会社を設立、実践を通じて体験的に学びます。社長をはじめとする役員や社員の役割を、学生がそれぞれ自分たちで十分話し合った上で意思決定します。

活動では、製品開発、生産管理、販売管理、人事管理、財務管理、株主総会といった企業活動全体を学んでいます。

株式会社GWMはイヤリング、ネックレスなどのアクセサリーの製造販売。株式会社Smileが製造、販売するのは、たくさんの色を使ったアロマキャンドルや栞です。

株式会社Smileは「あなたの毎日に彩りを」という経営理念に基づいて材料から製作し、学園祭「アジア祭」での販売の他に、近隣のフリーマーケットなどで販売しており、1月21日(土)には、キラリナ京王吉祥寺の屋上で行なわれるフリーマーケットで販売を予定しています。社長の深谷知広君(経営1)は「興味のある方は、亜細亜大学6号館3階 6301教室をお訪ねください」と呼びかけています。--商品について(pdf)

なお、両社は販売終了後、事業の結果を、株主総会を開催して報告します。
 

AUSCPはジュニア・アチーブメント・ジャパンの支援を受けて実施するもので、亜細亜大学6号館3階 6301教室を拠点に活動しています。

<2017年01月19日 18時43分>