学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る日本経済の現状と展望(4/18)

現場の実務に携わる官公庁、企業、主要研究機関(シンクタンク)のトップレベルの講師を迎え、日本経済の景気の現状と展望について講義する「日本経済の現状と展望」が開講中です。

外部講師初回となる18日は、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社調査部長の鈴木明彦氏が「内外経済の現状と展望」をテーマに講義を行いました。

鈴木氏は、まず景気の見方・読み方について解説を行い、景気を見る3つの視点は「方向・水準・勢い」であるとしました。続いて、現在の景気についてGDPや輸出、投資、物価など、それぞれの観点からデータを示したほか、世界経済の潮流変化についても言及。2008年のリーマンショック以来、米国大統領選やブレグジットなど、大きな流れの変化が起きていると語りました。

次回の講義は4月25日(火)。
「今後の金融を考える」をテーマに、株式会社ニッセイ基礎研究所 専務理事の櫨 浩一氏が講義します。

▽時間:4時限(14時30分~16時)
▽会場:本学2号館200教室
受講料無料、事前申込不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。

 
<2017年04月18日 19時30分>