学部・大学院

戻る企業論Ⅰ(5/19)

東京経営者協会からの提供講座「企業論Ⅰ」が開講中です。
同講座では、東京における総合経済団体「一般社団法人東京経営者協会」会員企業から代表取締役、人事、人材育成担当の役員や部長クラスの人物が講師として登壇します。

5月12日は、 東京海上日動火災保険株式会社 経営企画部・調査企画グループ次長 兼IT企画部参事/東京海上研究所 主席研究員の牧野 司氏が、「テクノロジで激変する世界~産業、経済、医療、仕事、人の生き方はどう変わるのか?~」をテーマに登壇しました。

予測もつかない圧倒的なスピードで技術が進歩する時代、10~20年後には多くの職種で、人工知能(AI)やロボットが人間の代わりに仕事をするようになるという研究報告があります。そのような世の中で「自分の役割・仕事」をどのように見出すのか。
牧野氏は、自分が本当に好きなこと、やりたいことを見つけること。そして「自分が実現したいこと=ビジョン」を創ることだといいます。そして「現実から飛躍しているが、実現を信じることができる魅力的なビジョン」は、人を惹きつけ、実現に向けて動きだすものという、仕事や働き方についての新たな方向性を解説しました。

次回の5月26日(金)は、トッパン・フォームズ 株式会社表取締役社長の坂田 甲一 氏が「デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ~ダイバーシティ経営への挑戦~」と題して講義します。
<2017年05月25日 14時06分>