学部・大学院

戻る「創造の世界Ⅰ」で絵本作家・高畠純氏が登壇

全学共通科目の「創造の世界Ⅰ」(ことばとイマジネーション)<担当教員=齊藤洋教授・小川直之教授>では、6月9日に外部講師として、絵本作家の高畠純氏を迎えました。

講義では”絵本づくりの実際”をテーマに、子どもにページをめくる楽しみを覚えてもらう作品づくりが解説されました。

高畠氏は、『どうぶつたいじゅうそくてい』という自身の作品の中から、「パンダとライオンはどちらが重いでしょうか」「孔雀の体重はどのくらいか」など、知っていそうで気づかない知識を紹介しました。「パンダ約100キロ、ライオン約200キロ」「孔雀約5キロ」と正解を聞くと、教室からは「へぇー」という声があちこちであがりました。

また、ゴリラの描き方について、「頭をとがらせて描くと、ゴリラの特徴が出ます」と、猿との違いを表現する方法を分かりやすく解説しました。
<2017年06月09日 16時36分>